社会福祉法人同朋会では、階層別の職員研修を行なっています。
 
入職1年目の職員への「初任者研修」から
入職2,3年目の「ステップアップ研修〔1〕」
入職4年目以降の中堅向け「ステップアップ研修〔2〕」
職場のリーダー向け「ステップアップ研修〔3〕」
そして、「幹部職員・現場管理者研修」を
毎年開催しています。
 
それぞれの研修を受けることにより職員のキャリアアップが確実に図れるようにしています。
また、同じ研修を繰り返し受けることも出来ます。同じカリキュラムであったとしても、その時その時で感じること考えることが違いますので、いろいろな力がつくと好評です。
 
-----------------------------
「幹部職員・現場管理者研修」 紹介
■対象:施設長(園長)、副施設長、事務長、主任、副主任及びこれに準ずる者
■狙い:外部社会の変化を具体的に理解し、幹部職員・現場管理者としての職務職責を再認識すると同時に、組織マネジメントを学び、自らの言動や姿勢がその役割に相応しいものにする
■概要:
① 第1部 理事長講話~
 「これまでの同朋会、いまの同朋会、そしてこれからの同朋会」
幹部職員・現場管理者研修_理事長講話1_20190226
 
 井上 悟 理事長
幹部職員・現場管理者研修_理事長講話2_20190226

② 第2部 講義・ディスカッション
 「幹部職員・現場管理者としてのあるべき姿、とるべき行動」
 ↓ グループディスカッション
幹部職員・現場管理者研修_グループディスカッション_20190226
 
 ↓ グループディスカッション発表
幹部職員・現場管理者研修_グループディスカッション発表_20190226
 
 ↓ 鷹取講師の講義・まとめ
幹部職員・現場管理者研修_講師総括講義_20190226
 
同朋会・全施設から幹部職員・現場管理者、計22名集まって研修を受けました。
 
第1部の理事長講話では、同朋会の創設時やこれまでの間に難関は多々あったが乗り越えてこられた。それは利用者やご家族、地域の方々からのご要望に真摯に応え続けてきた結果、障害・高齢・保育という3つの分野の事業を担うことができている。さらに最近は、地域包括支援センターなどの公益事業にも携わることができてきた。有り難いことで、この信頼をさらに厚くして、地域に貢献していきたい、という内容でした。
 
第2部では、講師・鷹取先生から講義「今後の福祉法人の経営課題について」を聞いた後、
「理事長の講話を、要約して所属の職員にどう伝えていくか?」
「これから同朋会として、やるべきこと(対策)とその理由」
を話し合い、発表しました。
多少視点は違いますがどのグループとも、職員の確保・定着・育成に関する対策が最優先であるとの共通認識が得られました。
そして、講師から、人材確保が難しい業界ではあるが諦めては終わりだ。ここにいる幹部職員・現場管理者一人ひとりが知恵を絞りながら協力し取り組んでいかなければならない。他人任せではダメだ、とのまとめをいただき、参加者一同改めて意識を高めることができました。
 
-----------------------------------------------------------
第2部の講師は、岐阜県事業の「介護事業者 人材育成等セミナー」において岐阜県内の各地で介護事業所の指導教育に携わっておられる人事マネジメント研究所 進創アシスト 鷹取先生(人事コンサルタント・社会保険労務士・社会福祉士)です。毎回、有意義な講義・指導をしてもらっており、職員育成に大きな効果がでています。
 
-○-○-○-○-○-○-
それぞれの研修については、また個別の記事でご紹介しますね。
上記以外に、専門知識や技術スキルを高める研修やテーマ別研修にも積極的に取り組んでいます。
 
私たちと一緒にあなたも自身を磨き、高めませんか?
 
-----------------------------------------------------------
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽に次までご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

高齢施設(特別養護老人ホーム・養護老人ホーム)
 saiyou_kourei@douhoukai.com

障害施設(自閉症施設、高齢障害者施設)
 saiyou_syougai@douhoukai.com

保育施設(保育園)
 saiyou_hoiku@douhoukai.com