社会福祉法人同朋会では、階層別の職員研修を行なっています。
 
入職1年目の職員への初任者研修から
入職2,3年目のステップアップ研修〔1〕
入職4年目以降の中堅向けステップアップ研修〔2〕
職場のリーダー向けステップアップ研修〔3〕
そして、役職者・幹部職員研修を
毎年各1回ずつ開催しています。
 
それぞれの研修を受けることにより職員のキャリアアップが確実に図れるようにしています。
また、同じ研修を繰り返し受けることも出来ます。同じカリキュラムであったとしても、その時その時で感じること考えることが違いますので、いろいろな力がつくと好評です。
 
-----------------------------
初任者研修 紹介
■対象:初任者(入職1年目の職員(中途採用者含む))
■狙い:同朋会の初任者として理解しておくべき理念・歴史、職場のルールである諸規程の基本を理解するとともに、初任者としての接遇・マナー、福祉従事者としての心得を身につける
■概要:
① 理事長講話~同朋会の理念・歴史
同朋会_初任者研修_理事長講和_20180526
 
② 同朋会諸規程(同朋会・総務部長)
③ 福祉従事者としての接遇・マナー、同朋会職員としての心得
同朋会_初任者研修_接遇マナー_20180526_124328
 
研修を受けた初任者のレポート(一部抜粋)
「同朋会の歴史~どういう歴史を経て施設ができていったのか、どういう支援があったのかなど聴けない話が聞けたのが良かった」
「何事も下積みが大事。理事長のお話の中で学んだ「社会福祉法人同朋会」の流れで、これまで大きな組織を作れた理事長の廻を取り巻く人間模様等がうかがうことができました。やはり行動ある方にはよき周りが集まるんだと人柄というものの重要性を学びました」
「福祉の現場で働くということは、利用者さんの人生に長く関わるということであり、その場だけの支援ではなく、その先へつながっていくことを考えて支援することが大切だと学びました。自分のかかわりがどう影響していくか考えながらスキルや知識を高めていくべきだと思いました」
 
 
-----------------------------------------------------------
「③ 福祉従事者としての接遇・マナー、同朋会職員としての心得」講師は、岐阜県事業の「介護事業者 人材育成等セミナー」において岐阜県内の各地で指導教育に携わっておられる人事マネジメント研究所 進創アシスト 鷹取先生(人事コンサルタント・社会保険労務士・社会福祉士)です。毎回、有意義な講義・指導をしてもらっており、職員育成に大きな効果がでています。
 
-○-○-○-○-○-○-
それぞれの研修については、また個別の記事でご紹介しますね。
上記以外に、専門知識や技術スキルを高める研修やテーマ別研修にも積極的に取り組んでいます。
 
私たちと一緒にあなたも自身を磨き、高めませんか?

-----------------------------------------------------------
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽に次までご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

高齢施設(特別養護老人ホーム・養護老人ホーム)
 saiyou_kourei@douhoukai.com

障害施設(自閉症施設、高齢障害者施設)
 saiyou_syougai@douhoukai.com

保育施設(保育園)
 saiyou_hoiku@douhoukai.com