この素晴らしい時間をあなたと共に…社会福祉法人同朋会

就職を希望するあなたへ、岐阜県・社会福祉法人同朋会のことをよく知ってもらいたいという思いからいろいろ発信しています。 お問い合わせは、各記事にある担当者へお気軽にどうぞ(どの担当者が適切かご不明な場合は、どのアドレスからでも結構ですよ)

社会福祉法人同朋会

ご利用者様だけではなく、ご家族様にも安心してもらいたい~東濃自閉症援助センター「かさはら」島崎さん

社会福祉法人同朋会、2019年度の入職者をご紹介します。
 
①所属施設
 東濃自閉症援助センター「かさはら」
 
②入職年月日
 2019年12月1日
 
③名前
 島崎 さん

④同朋会に就職を決めた理由
 在職している知人から声を掛けていただきました。「これも何かの御縁」と思い就職を決めました。

⑤働いてみて、今の感想
 働き始めたばかりで、戸惑うこともありますが、先輩方から色々教えていただき、頑張っています。

⑥今後の目標や夢
 ご利用者様やご家族様に安心して、センターをご利用していただけるように、先ずは自分の目の前のこと(仕事)に誠実に取り組んでいきたいと思います。

-----
ご利用者様だけではなく、ご家族様にも安心してもらいたい!
そのために、日々謙虚に、誠実に仕事に取り組んでいる職員ばかりです。
就職をお考えの方(中途の方でももちろん結構です)は、一度、施設を見学しに来てみてください。
ご連絡お待ちしています。

※ 一部職員名についてはイニシャルで表します。これはシャイな職員の意思を尊重するため、又はネット情報を利用した職員への嫌がらせやつきまとい などから職員を守るためのものですのでご理解ください。
。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。*゚
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/


お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 

利用者様から力をいただき、感謝を忘れない職場~東濃自閉症援助センター「かさはら」日比野さん

社会福祉法人同朋会、2019年度の入職者をご紹介します。
 
①所属施設
 東濃自閉症援助センター「かさはら」
 
②入職年月日
 2019年4月1日
 
③名前
 日比野さん

かさはら_A.Hさん

④同朋会に就職を決めた理由
職を探していたとき、ここがキラリと輝いて見えたので、ここが星の場所なのだと直観しました。

⑤働いてみて、今の感想
とても穏やかな環境で、日々利用者様にも力をいただき、感謝しています。

⑥今後の目標や夢
資格取得だけではなく、既にある資格の技術面でのスキルアップを深めたい。
自分の価値観や考えの只中においても、人の数だけ視点があることに心を開き、草の根的な声に立ち止まれる、敏感さと豊かさを持つ、ひとでありたい。

-----
利用者様から力をいただき、感謝を忘れない職場です。
一緒に日々感謝の気持ちを大切に、仕事もプライベートも過ごしてみませんか。
 
※ 一部職員名についてはイニシャルで表します。これはシャイな職員の意思を尊重するため、又はネット情報を利用した職員への嫌がらせやつきまとい などから職員を守るためのものですのでご理解ください。
 
。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。*゚
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。

利用者にとって頼りになる存在の支援員になりたい~東濃自閉症援助センター「かさはら」石岡さん

社会福祉法人同朋会、2019年度の入職者をご紹介します。
 
①所属施設
 東濃自閉症援助センター「かさはら」
 
②入職年月日
 2019年4月1日
 
③名前
 石岡 雅治 さん
石岡さん


④同朋会に就職を決めた理由
転職を考えていた時期に施設を見学し、職場・職員の雰囲気が良く、働きやすそうに感じました。

⑤働いてみて、今の感想
・日常の業務や夜勤の業務は大変ですが、利用者さんと楽しく生活できています。
・職員同士の関係が良く働きやすいです。

⑥今後の目標や夢
利用者さんにとって臨機応変に対応できる頼りになる存在の生活支援員になりたい。

-----
社会福祉法人同朋会には個性豊かなたくさんの先輩がいます。
その先輩と一緒に、利用者さんの生活を安心で豊かなものにしていきませんか。
そして、私たちと一緒にあなたも自身を磨き、高めましょう。

※ 一部職員名についてはイニシャルで表します。これはシャイな職員の意思を尊重するため、又はネット情報を利用した職員への嫌がらせやつきまとい などから職員を守るためのものですのでご理解ください。
 
.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.*
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 
 

事例研究活動・発表~生活の家 桜美寮「職員の先入観や思い込みで、利用者様の生活の幅を狭めているのではないか…」桜美寮における意思決定支援~先入観や固定概念からの脱却~

昨年11月30日(土)に開催した
「令和元年年度 社会福祉法人同朋会 事例研究活動・発表会」において発表した取組み内容を紹介をします。
 
①施設名:生活の家 桜美寮

②事例研修活動テーマ:桜美寮における意思決定支援~先入観や固定概念からの脱却~
桜美寮における意思決定支援~先入観や固定概念からの脱却~

③事例研究概要
 平成29年3月「障害福祉サービス等の提供に係る意思決定支援ガイドライン」が出され、桜美寮でも利用者様の意思決定支援、その在り方について研修、見直しをしてきました。全職員へ意識調査を実施した結果、本人の意思を尊重する重要性は理解しながらも、リスクの少ない、間違った選択をしない等の支援者側の先入観で物事が決定している場面が多い実態が明らかとなりました。「職員の先入観や思い込みで、利用者様の生活の幅を狭めているのではないか…」といった仮説により、入所利用者Bさんの余暇活動に焦点を当て、従来とは違ったアプローチを行う事で、それまではパターン化された生活から新たな生活を見出すことができました。職員側も「それがBさんの望んでいると」勝手に思い込んでいた生活を少し変えることができ、結果生活の幅が広がることが確認できました。

 私たちは様々な場面で選択を重ねながら自分の人生を形成しています。それは、知的障害がある利用者様も同様に有する権利です。今回の事例研究を通して、その基本的な権利、人としての尊厳を日々の支援場面で常に意識して取り組む必要性を確認しました。

-----
④事例研究活動・発表を終えての感想
 これまで意思決定支援とは単純に選択肢を与えるだけだと思っていました。しかし活動を進めるにあたり職員の先入観や固定概念から利用者様への選択肢を制限しているということが分かり、利用者様に良い支援の在り方について考えさせられる良い活動となったと思います。発表は職員の意識調査の結果が生々しく恥じる部分であると感じましたが、職員間で確認しあえた部分ではよかったと思います。

 意思決定が大事と分かっていながらも職員アンケートの検証結果では職員の主観的意思決定が多いなど、事例研究しなければ分からなかった事が浮き彫りになったと思います。

 支援員への意識調査の結果から、提示する選択肢が保守的或いは支援員の主観に偏ったものであることが数値として明らかになったことが良かったと思います。今後は、如何に多様な選択肢を示せる、或いは多様な要望に応えられる意思決定支援の展開が重要になると考えるきっかけとなりました。

 意思決定支援を行なう難しさを実感しました。その中でも様々な取り組みから、支援のあり方や考え方が以前より利用者の方の意思を尊重するものになっていると感じています。今回研修委員が中心になって行った研究を通して感じたことをこれからも大切にしながら支援をしていきたいです。


-----
⑤事例研究活動参加メンバー
藤井理恵さん、藤井敦さん、國枝雅典さん、臼田寛太さん
桜美寮における意思決定支援_事例研究活動メンバー_20191130

⑥施設長コメント
 支援員の考えや支援の方向性に相違がある場合、それらを調整し、同じ方向を向いて支援することが、意思決定支援の実現を左右する重要な要素となります。皆でこのテーマに取り組み職員間で確認しあえたことは大きな成果であったと思います。2年間、お疲れさまでした。
生活の家 桜美寮 上野施設長

-----
「職員の先入観や思い込みで、利用者様の生活の幅を狭めているのではないか…」といった仮説を立て、先輩や後輩という経験の差を超えて向き合い、話し合って、研究を重ねた結果、得られた非常にレベルの高い内容の事例研究活動・発表でした。
上記以外に、専門知識や技術スキルを高める研修やテーマ別研修にも積極的に取り組んでいます。

私たちと一緒にあなたも自身を磨き、高めませんか?

.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.*
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。 


招待学生から非常に高い評価をいただきました~事例研究活動・発表会

先日開催した
『社会福祉法人同朋会 事例研究活動・発表会』
参加いただいた「招待学生からのアンケート」の
集計結果です。

回答者:学生36名
 
 
■発表事例
(1)障害者支援施設 生活の家桜美寮
「桜美寮における意思決定支援
 ~先入観や固定観念からの脱却」

満足度
大変満足(11名)
満 足(23名)
ふつう(1名)
無回答(1名)
満足度_桜美寮_20191130
※「大変満足」及び「満足」は94%

-----
(2)特別養護老人ホーム椿野苑
「メンターシップ制度について」

満足度
大変満足(11名)
満 足(24名)
ふつう(0名)
無回答(1名)
満足度_椿野苑_20191130
※「大変満足」及び「満足」は97%

-----
(3)華陽保育園
「子どもが主体的に活動できる環境について考える
 ~環境としての保育士の役割とは?」〇華陽保育園

満足度
大変満足(11名)
満 足(21名)
ふつう(1名)
やや不満(1名)
無回答(2名)
満足度_華陽保育園_20191130
※「大変満足」及び「満足」は88%

-----
大変高い評価をいただきました。
学生さんの勉強の一つになればと考え、招待いたしましたが、開催してよかったと思っています。
この良い評価に満足せず、さらに事例研究活動の質を高め、ご利用者・園児、ご家族・保護者、地域の皆さまに安心し信頼してもらえるように努力してまいります。
職員のレベルアップややりがいにもつなげていきたいと考えています。
 
.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.*
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 
 

11年の経験があっても新たな学びがある~東濃自閉症援助センター「かさはら」植田さん


社会福祉法人同朋会、2019年度の入職者をご紹介します。
 
①所属施設
 東濃自閉症援助センター「かさはら」
 
②入職年月日
 2019年11月1日
 
③名前
 植田 さん
植田さん

④同朋会に就職を決めた理由
 自閉症の方を専門に支援する施設が県内でも少ないということで興味を持ちました。障がい福祉の仕事は11年以上関わらせていただきましたが、今からでもさらに新たな学びが得られるのではないかと思い決めました。

⑤働いてみて、今の感想
 センターでの仕事のほかにもケアホームの入居者への支援もしていますが、掃除や洗濯物の片付けなど毎日の生活を規則正しく行っているのを見て、自分自身も掃除を毎日行うようになりました。私も利用者さんからいい意味で影響を受けています。

⑥今後の目標や夢
 利用者さんたちが日々の生活を重ねていくなかで、少しずつ成長していく姿をこれから見守っていけることを楽しみにしています。自分もそのお手伝いができるようがんばります。

-----
利用者さんたちが日々成長していく。
そのよい影響を受けて
職員も成長・変化する。
経験豊富な職員でもそれを感じることができる
職場です。
就職をお考えの方(中途の方でももちろん結構です)は、一度、施設を見学しに来てみてください。
ご連絡お待ちしています。

※ 一部職員名についてはイニシャルで表します。これはシャイな職員の意思を尊重するため、又はネット情報を利用した職員への嫌がらせやつきまとい などから職員を守るためのものですのでご理解ください。
。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。*゚
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/


お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 
 

「東濃地域にも自閉症者支援の拠点を…」との地域の声にお応えして創設された~東濃自閉症援助センター「かさはら」

「東濃地域にも自閉症者支援の拠点を…」との地域の声にお応えして、
平成24年4月に同法人の伊自良苑に次ぐ、
県下2番目の自閉症者支援に特化した事業所として
東濃自閉症援助センター「かさはら」
開設されました。
(岐阜県多治見市笠原町1661番地5)
 
人社会での「生きにくさ」を有している自閉症の方々に対して、
働くことを通じて人としての成長を促し、
「それぞれの自立」を目指しています。

利用者さんは20歳台の方が多く、みなさんとても明るく元気です。
作業や食器洗い、ティータイムの準備、掃除当番など、
一人ひとりが役割を担って生活することを通じて、
人の役に立つ、互いに必要とされる関係づくりを大切にしています。

周囲の理解と応援があれば、その人らしさを発揮して、
いきいきと社会生活を送ることができます。
一人でも多くの方に、自閉症の方がもっている世界を知ってもらい、
みんなが安心して過ごすことができる社会にしたいと願っています。
あなたも、その応援者の一人になってみませんか。
 

 ↓ 東濃自閉症援助センター「かさはら」
東濃自閉症援助センター「かさはら」
 
 ↓ 同朋会東濃ケアホーム
同朋会東濃ケアホーム
 
 
.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.*
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。

 

同朋会「幹部職員・現場管理者研修」~働き方改革&ハラスメント防止、そしてさらに「働きやすい職場環境づくり」に向けて熱の入ったグループディスカッション

社会福祉法人同朋会では、階層別の職員研修を行なっています。
 
入職1年目の職員への「初任者研修」から
入職2,3年目の「ステップアップ研修〔1〕」
入職4年目以降の中堅向け「ステップアップ研修〔2〕」
職場のリーダー向け「ステップアップ研修〔3〕」
そして、「幹部職員・現場管理者研修」を
毎年開催しています。
 
それぞれの研修を受けることにより職員のキャリアアップが確実に図れるようにしています。
また、同じ研修を繰り返し受けることも出来ます。同じカリキュラムであったとしても、その時その時で感じること考えることが違いますので、いろいろな力がつくと好評です。
 
-----------------------------
「幹部職員・現場管理者研修」
■対象:施設長(園長)、副施設長、事務長、主任、副主任及びこれに準ずる者
■狙い:外部社会の変化を具体的に理解し、幹部職員・現場管理者としての職務職責を再認識すると同時に、組織マネジメントを学び、自らの言動や姿勢がその役割に相応しいものにする
 
■概要:
第1部(講義)
・「働き方改革関連法施行!~ワーク・ライフ・バランスとは」
・「パワハラ防止法施行!~ハラスメント対策の基本」
幹部職員現場管理者研修(1)_20200221


第2部(グループディスカッション→発表)
・第1部の講義を受け、幹部職員・現場管理者として
 「働きやすい職場環境づくり」へどのように取り組むか?

 ↓ グループディスカッション
幹部職員現場管理者研修(2)_20200221幹部職員現場管理者研修(3)_20200221

 ↓ グループディスカッション後の発表
幹部職員現場管理者研修(4)_20200221

各グループから出た主な意見
『働き方改革を進めて、無理のない勤務シフトで、さらなる有給消化率アップ』
『何でも相談しやすい楽しい職場、と同時に適正な評価』
『収支バランスをとり財源確保しながら、人材育成へのさまざまな取り組み』
『コミュニケーションを充実させ人間関係をさらに良くするための施設間交流や福利厚生活動の充実』
『情報共有の徹底し、思いやりをもった公平な指導』

最後に講師から
考えるだけではダメ。一つでも取り組む活動をすることが大事。
その心がけをもって行動するところから、「働きやすい職場づくり」につながる。
という指導を受け、研修後、幹部職員・現場管理者一人ひとりが実際に何に取り組むかを考え、行動に起こす宿題を与えられて終了しました。

-----------------------------------------------------------
講師は、岐阜県事業「介護人材階層別育成セミナー」専任講師として、岐阜県内の各地で介護事業所の指導教育に携わっておられる人事マネジメント研究所 進創アシスト 鷹取先生(人事コンサルタント・社会保険労務士・社会福祉士)です。毎回、有意義な講義・指導をしてもらっており、職員育成に大きな効果がでています。
 
-○-○-○-○-○-○-
上記以外に、専門知識や技術スキルを高める研修やテーマ別研修にも積極的に取り組んでいます。
私たちと一緒にあなたも自身を磨き、高めませんか?
 
-----------------------------------------------------------
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽に次までご連絡ください。
待ってます (^^)/

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。


運動中に倒れた男性を救命したとして感謝状が贈られた特別養護老人ホーム椿野苑の仲山愛さん

スポーツジムで運動中に倒れた男性を救命したとして
社会福祉法人同朋会 特別養護老人ホーム椿野苑の
看護師 仲山愛さんに
感謝状が山県消防署長から贈られました。
 
仲山さんは、もう一人の看護師と一緒に
心臓マッサージや自動体外式除細動器(AED)により
人工呼吸などを続けたところ
倒れた方は息を吹き返しました。
「また元気になって会えてよかった」と
その方と一緒に記念撮影。

新中日新聞(2019年12月13日)で紹介されました。
 ↓ 前列中央が仲山さん
人命救助で同朋会看護師に感謝状_新中日新聞_20191213

-----
社会福祉法人同朋会には、地域でも活躍する職員がたくさんいます。
誇らしい仲間と一緒に素晴らしい時間を共に過ごしませんか。

 
.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.*
  
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 

大学生も参加して盛大に行われた『第7回 社会福祉法人同朋会 事例研究活動・発表会』

社会福祉法人同朋会では、
毎年、事例研究活動に取り組んでおり
先日の11月30日(土)午後
その活動の成果を発表する会を開催しましたので
紹介します。

令和元年で7年目=7回目を迎える
『社会福祉法人同朋会 事例研究活動・発表会』

目的:社会福祉事業を担う法人として、より良質な福祉サービスを提供するために事例研究活動を実施し、またその成果の発表を通じて、学び合いや社会的寄与を図ることとする。

会場:高富中央公民館

発表:今年は3事例
(1) 障害者支援施設 生活の家桜美寮
「桜美寮における意思決定支援
 ~先入観や固定観念からの脱却」
(2) 特別養護老人ホーム椿野苑
「メンターシップ制度について」
(3) 華陽保育園
「子どもが主体的に活動できる環境について考える
 ~環境としての保育士の役割とは?」
※詳細は追って紹介します。
同朋会_事例研究活動・発表会_発表の様子_20191130

-----
これまでは法人内部の職員だけで発表会を行なっていましたが
今回は初めて外部の方を紹介して開催することになり
中部学院大学の学生さんと教員の先生の計40名と
たいへん大勢お越しいただきました。
ありがとうございました。
※アンケートをとっていますので、こちらも追って紹介します。

同朋会職員と合わせ、総勢81名と
会場フロアがほぼ埋まるほどの
活気ある会となったことは、とても嬉しく思います。
 
同朋会_事例研究活動・発表会_会場の様子_20191130
 
同朋会_事例研究活動・発表会_開会挨拶・理事長_20191130
 
企画・運営:同朋会 職員育成委員会
指導:人事マネジメント研究所 進創アシスト 代表 鷹取敏昭 先生
 
-----
この活動は、各施設で提供している支援や介護・保育のサービスについて振り返り、
まだ知りえないことや新たな知識・技術などを得るために、
実際の具体的な事例を取り上げ、
仮設を立て既存の理論と比べながら、
さらによいサービスをご利用者・園児やご家族、地域住民に届けられるようにしていくためのものです。
また、この活動を通じて職員の育成、キャリアアップにもつなげていくことも目指しています。
 
.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.*
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 
 
  

福利厚生:近江牛すき焼き食べ放題あばれ喰い&ラ・コリーナ近江八幡の日帰り旅行

社会福祉法人同朋会の福利厚生の一環として、今年度は日帰り旅行を企画しましたのでご紹介します。
 
名物!近江牛すき焼き食べ放題あばれ喰いラ・コリーナ近江八幡


企画:社会福祉法人同朋会 福利厚生委員会
日時:2019年10月27日(日)
行先:滋賀県甲賀市 魚松
   ラ・コリーナ近江八幡
 
応募多数の中 
44名を選出し 観光バス1台で出発しました。
日帰り旅行1
 
バスの中では、委員長の挨拶のあと早速、乾杯の合図でビールや酎ハイを
美味しく飲みはじめ、また車内では休む間もなく(笑)カラオケタイムでした。10代~60代の歌声がバス内に響きわたりました。プロ顔負けの歌唱力の方もあり拍手と手拍子の連続でした。
日帰り旅行3
日帰り旅行4
日帰り旅行2

山盛りの松茸と近江牛を
お代わりを何度もしてこれ以上食べれない位食べました。
若者同士・他事業所間で交流を深めることができました。
すき焼き1
すき焼き2
すき焼き3
すき焼き4

ラ・コリーナでは 人・人・人 でしたが、バスに乗り込むときは、みんな大きな袋にお土産をたくさん持って帰ってきました。
ラ・コリーナ2
ラ・コリーナ

アンケートの結果 殆どの方が次回も是非参加したい とのことでしたので、今後も色々な企画を考えたいと思います。
 

-----
社会福祉法人同朋会では、福利厚生の取り組みとして毎年いろいろな企画・催しを行なっています。
自分にあったものに参加して、皆和気あいあいでとても楽しそうにしてくれているのは企画している者としてとても嬉しいです。
所属施設を超えて職員間の仲のよさにつながっているのではないかと思っています。
また、次の企画も頑張ります!
  
.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.*
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。

 

EPA新入職員紹介~日本語の勉強をサポート、お祈りの時間もきちんともらえています~椿野苑・ファリスさん

社会福祉法人同朋会、入職者をご紹介します。
インドネシアからEPAプログラムで来日した新人です。

①入職年月日
 2018年12月1日

②所属施設名
特別養護老人ホ-ム椿野苑

③名前
ファリス さん(一番右側)
ファリスさん

④同朋会に就職を決めた理由
岐阜県は災害が少ない場所だからです。
こちらの施設はサポ-トが良いです。例えば日本語の勉強とかお祈りの時間とか。施設長や職員の人たちが優しいし、リフレッシュ休暇もあるし、とても環境が良いです。だからこちらの施設で働いています。

⑤働いてみて、今の感想
上司と同僚の職員が優しいし、環境も良いし、施設のマネジメントが良いです。みんながいろいろな仕事の事をていねいに教えてくれます。悩む事があれば皆に相談してアドバイスをもらいます。だから、こちらの施設がとてもいいと思います。

⑥今後の目標や夢
私の目標は家計を支えることです。そしてプロの介護福祉士になりたいです。だから、日本語と専門の介護を一所懸命勉強しなければなりません。


-----
※ 一部職員名についてはイニシャルで表します。これはシャイな職員の意思を尊重するため、又はネット情報を利用した職員への嫌がらせやつきまとい などから職員を守るためのものですのでご理解ください。

社会福祉法人同朋会では、EPAでインドネシアから、留学生受け入れでミャンマーから外国人を受け入れています。
インドネシアの職員に日本語を覚えてもらうだけではなく、日本人職員もインドネシアの言葉で挨拶をするなどお互いの文化を学びあう良い機会になっています。
いろいろな言葉を覚えて文化交流も一緒にしてみませんか。
 
.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.*
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。

EPA新入職員紹介~プライベート面でも支えていただいています~椿野苑・Fさん

社会福祉法人同朋会、入職者をご紹介します。
インドネシアからEPAプログラムで来日した新人です。

①入職年月日
 2018年12月1日

②所属施設名
 特別養護老人ホーム椿野苑 ユニット

③名前
 F さん(右)、左は施設長
Fさん(1)
※ 一部職員名についてはイニシャルで表します。これはシャイな職員の意思を尊重するため、又はネット情報を利用した職員への嫌がらせやつきまとい などから職員を守るためのものですのでご理解ください。
 
④同朋会に就職を決めた理由
マッチングの時に施設長は椿野苑の説明を笑顔でやさしく
してくれました。その時に、施設長がやさしいからそこで働く人もきっとやさしい職員だと
思い、私は椿野苑に決めました
 
⑤働いてみて、今の感想
施設の職員の方々はとてもやさしく、解らない事や難しいことを聞いても先輩方や
上司は、嫌な顔をせずに説明をしてくれ、本当に助かっています
また、プライベートの面でも施設長や職員に支えて頂き、淋しかった時も、買い物に連れてって
くれたりして嬉しく思っています。
Fさん(2)

⑥今後の目標や夢
これからの目標は介護福祉士の資格を取る事です。その為にも日本語の勉強を頑張りたいと思います。
介護福祉士の資格を取り、長く日本で働くことが私の夢です。

-----
社会福祉法人同朋会では、EPAでインドネシアから、留学生受け入れでミャンマーから外国人を受け入れています。
皆、まじめで一生懸命勤務してくれていますので、日本人の職員もとても良い刺激を受けています。
プライベートでも淋しくないように、また困ったときにもすぐサポートするように心がけています。
プライベートの充実が職員のモチベーションアップにつながると私たちは考えています。
 
.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.*
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。

EPA新入職員紹介~小学校のころからマンガやアニメで憧れていた日本でずっと働いて暮らしたい~椿野苑、A・Sさん

社会福祉法人同朋会、入職者をご紹介します。
インドネシアからEPAプログラムで来日した新人です。
 
①所属施設
 特別養護老人ホーム 椿野苑 デイサービスセンター
 
②入職年月日
 2018年12月1日
 
③名前
 A・S さん
A・S(1)
※ 一部職員名についてはイニシャルで表します。これはシャイな職員の意思を尊重するため、又はネット情報を利用した職員への嫌がらせやつきまとい などから職員を守るためのものですのでご理解ください。

④同朋会に就職を決めた理由
 私は小学校のころから、日本のマンガやアニメなどをよく見ていました。大学生の時には、これまでも興味があった日本のことを沢山調べて、「やっぱり、日本は良い所だ!」と思うようになりました。それで更に日本が好きになり、大学卒業後にEPAプログラムに入り、日本へ来ることになりました。最初は、同朋会のことはあまり知らず、先輩から紹介してもらい『同朋会・椿野苑』を知ることとなりました。インターネットで調べると、椿野苑はすごく田舎にあり、周りも山に囲まれた所でちょっと怖いと感じました。しかし、Facebookを見ると、職員の皆さんがとても優しそうで、利用者様も喜んで笑っている様子を見て、同朋会に決めようと思いました。
 
⑤働いてみて、今の感想
 まだ1年ほどしか働いていないですが、皆さんのおかげで、仕事だけでなく、生活や食事の世話もサポートしてくれて、早く日本に慣れることが出来ました。皆さんにとても感謝しています。働き始めは不安でしたが、職員の皆さんが、日本語も話せない私達外国人に、とても丁寧に分かりやすく指導してくれたり、不安にならない様に生活面でも配慮してくれたりしたので、本当に有難かったです。また、椿野苑がすごいと思ったことがあります。それは退職する職員が少ないと言うことです。職員皆さんが協力して仕事しているし、何より人間関係が素晴らしいと感じました。私も快適に椿野苑での仕事が出来ています。
 
⑥今後の目標や夢
 これからの目標は、日本語をしっかりと勉強して『介護福祉士国家試験に合格すること』です。介護福祉士に合格して、長く日本で働きたいし、ずっと日本で暮らしたいと考えています。これからも皆さんと一緒に協力して頑張り、未来に向かって行きますので宜しくお願いします。
A・S(2)
 
-----
社会福祉法人同朋会では、EPAでインドネシアから、留学生受け入れでミャンマーから外国人を受け入れています。
短い期間で日本語を覚えるその努力や利用者さんへ丁寧に向かい合う姿勢に本当に頭が下がる思いです。
立派な介護福祉士になってくれること間違いないでしょう。
多様な価値観をもつ職員の集まりですが、利用者さんのためにという想いは変わりません。
 
.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.*
 
社会福祉法人同朋会で働いてみたい、仲間になりたい、見学してみたい、話を聞いたり質問してみたいと思ったら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。
待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
   

福利厚生活動~EPA職員初めてのソフトボール体験、それでも大会で3位は見事!

福利厚生の一環で共済会主催のソフトボール大会に参加しました。

日時:2019年10月20日(日)9時~
場所:揖斐川町健康広場ビッグランド
主催:一般財団法人 岐阜県民間社会福祉事業従事者共済会
参加者:14チーム 250人(役員含む)
 
 ↓ 開会
ソフトボール大会に参加_開会_20191020
  
●我【同朋会 Camellia】チームは、椿野苑の職員が中心になり総勢19名、お揃いのTシャツで臨みました。また、職員家族の「パパ!頑張ってー」大きな声援もあり楽しいひと時を過ごしました。
 ↓ ピンクのシャツが【同朋会 Camellia】チーム
ソフトボール大会に参加_ピンクユニホームが我がチーム_20191020

 
●インドネシアからのEPAの職員も加わり国際色豊かでした。
ソフトボール大会に参加_EPA職員_20191020
 
●決勝リーグに進むには9人ずつによる抽選となりました。
可愛い応援団(子ども)にくじを引いてもらうと見事2人とも大当たり!!
その結果、5-4で勝利し決勝リーグに進むことができました。
ソフトボール大会に参加_可愛い応援団にくじを引いてもらう_20191020

●そして、3位決定戦に勝利し 表彰状をいただきました。
ソフトボール大会に参加_3位_20191020
 
●筋肉痛や肉離れ寸前までなりながら最後まで本当に良く戦いました。お疲れさまでした。
ご苦労様会では お酒もすすんだことでしょう((笑))
 
-----------------------------------------------------------
家族ぐるみでつきあえ、仲の良い職員がいっぱいの同朋会。
ソフトボールのほか、今年はソフトバレーでも大奮闘!
(参考:福利厚生 カテゴリ
福利厚生も充実し、笑顔あふれる同朋会です。


社会福祉法人同朋会で
働いてみたい
仲間になりたい
見学してみたい、

話を聞いたり質問してみたいと思ったら、
お気軽に次までご連絡ください。

待ってます (^^)/
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。

 

椿野苑は「岐阜県介護人材育成事業者認定制度」の認定を受けています
岐阜県介護人材育成事業者認定制度の認定証
同朋会は「新はつらつ職場宣言」事業所です

「新はつらつ職場づくり推進事業」

 
  

ギャラリー
  • 利用者様から力をいただき、感謝を忘れない職場~東濃自閉症援助センター「かさはら」日比野さん
  • 地域で皆さんが安心して働き暮らせていけるようにお手伝いしていきたい~東濃自閉症援助センター「かさはら」森さん
  • 利用者にとって頼りになる存在の支援員になりたい~東濃自閉症援助センター「かさはら」石岡さん
  • 事例研究活動・発表~華陽保育園「子どもたちの主体的な活動の環境づくりは『きかんしゃとーます』」
  • 事例研究活動・発表~華陽保育園「子どもたちの主体的な活動の環境づくりは『きかんしゃとーます』」
  • 事例研究活動・発表~華陽保育園「子どもたちの主体的な活動の環境づくりは『きかんしゃとーます』」
  • 事例研究活動・発表~生活の家 桜美寮「職員の先入観や思い込みで、利用者様の生活の幅を狭めているのではないか…」桜美寮における意思決定支援~先入観や固定概念からの脱却~
  • 事例研究活動・発表~生活の家 桜美寮「職員の先入観や思い込みで、利用者様の生活の幅を狭めているのではないか…」桜美寮における意思決定支援~先入観や固定概念からの脱却~
  • 招待した学生からのご意見ご感想~大変参考になります!「事例研究活動・発表会」
記事検索