この素晴らしい時間をあなたと共に…社会福祉法人同朋会

就職を希望するあなたへ、岐阜県・社会福祉法人同朋会のことをよく知ってもらいたいという思いからいろいろ発信しています。 お問い合わせは、各記事にある担当者へお気軽にどうぞ(どの担当者が適切かご不明な場合は、どのアドレスからでも結構ですよ)

階層別研修「ステップアップ研修〔2〕」~入職3年目以上の中堅職員が積極艇に意見交換、自身を振り返りました


 
社会福祉法人同朋会で毎年実施している階層別研修のうち
「ステップアップ研修〔2〕」を実施しました。
  • 対象:入職3年目以上の中堅職員(今年は、障害・高齢・児童の各施設から20名の参加)
  • 狙い:社会人・組織人としての一般的な役割や責任を理解した上で、同朋会の中堅職員としての心得を学び、利用者や職場の職員から信頼される行動を起こしていく、その考え方ややり方を身につける
  • 概要:① 中堅職員において社会人、組織人としての役割と存在を考える。 ② 同朋会職員としての使命を考え、理念を具現化し実践の仕方を話しあう。 ③職場におけるコミュニケーションの基本を理解し、実践する。
- - - - -
感染防止のためオンラインシステム Zoomを利用して開催
 
1.Zoom操作練習
2.開会あいさつ
    研修委員会委員長 平井 八重子(華陽保育園園長)
    参加者自己紹介
3.講義、グループディスカッション、発表、講師助言指導
  • テーマ1:「社会人・組織人として期待されている中堅職員としての役割を改めて確認した上で、利用者や職場の職員から信頼される行動を起こしていく、その考え方ややり方を身につける」
  • テーマ2:「同朋会の中堅職員としての心得を学び、不十分なところをどのように改善し、力をつけていくかを具体化する」
   講師:人事マネジメント研究所 進創アシスト 代表 鷹取 敏昭 氏
      (人事コンサルタント・社会保険労務士・社会福祉士)
                      
4.閉会あいさつ  
    研修委員 岡本 貴之(ワークス伊自良施設長)
5.閉会あいさつ
 
- - - - -
参加者の研修後レポートなどは、改めて報告します。
  
 
ステップアップ研修〔2〕の中堅職員
ステップアップ研修〔2〕_20210918
5段目は職員育成委員会の委員と、(右端)鷹取先生
 
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 

伊自良苑「虐待防止&アンガーマネジメント研修」アンケート~学びを自身で現場でいかしていきたい

 
障害者支援施設・自閉症成人施設【伊自良苑】
施設全職員が受講した
「虐待防止&アンガーマネジメント研修」について
受講後のアンケートの一部を紹介します。
  • 行動のコントロールが難しいと思ったが、自分にできそうなこととして「変えられない」を受け入れる。他人を変えようとはせず、できる範囲で自分を変える努力ができればいいと思った。
  • 対利用者については難しいなと思うことが多かったのですが、対職員に関しての怒りの感情については、今回のことを実践していけるなと感じました。自分の怒りの境界線をうまく相手に伝えることで、自分も相手も仕事がしやすくなるのかなと感じました。後輩への伝え方などに活用していきたいと思います。
  • 関わらなくてもよいところで、イラっとすることもあるので、関わらないという選択も上手に取り入れていきたいと思います。
  • チーム支援の中でやりすぎた関与の仕方をしている職員がもしいれば6秒考える時間を与えたり、共に問題行動を話しあったりしていきたい。共通ツールがあれば、やりやすいことがわかったので職員同士で話し合いをしていきたい。
  • チーム全体として、個々が怒りに対してコントロールトレーニングする事の大切さを学んだ(個人的に浸透させなければ虐待はなくならない)。毎月のユニット会議で忘れないように議題にしなければいけない。
 
研修の様子(全員が一同に会することができないため複数回に分けて開催)

研修風景
 
 虐待防止の対策に職員全員が同じ認識をもち、行動できるようになるには課題はたくさんありますが、今回同じテーマ・内容を学べたのはよかったと思います。これを現場で実践していけるように取り組みを進めていきます。
 
■参考blog

伊自良苑で「虐待防止&アンガーマネジメント研修」を実施しました

自分の感情に責任を持てる、これが虐待防止への道である~「虐待防止&アンガーマネジメント研修」追加報告、講義担当・上野主任の感想
 




 
-----------------------------------------------------------

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 

事例研究活動・発表~かがしまこども園「私たちが大切にしていること」


7月10日(土)に開催した 「令和3年度 社会福祉法人同朋会 第8回 事例研究活動・発表会」において発表した取り組み内容を紹介します。
 
① 施設名:
 かがしまこども園
 
② 事例研究活動のテーマ名:
 私たちが大切にしていること
  
③ 事例研究の概要
・幼保連携型認定こども園かがしまこども園の概要
・2年目保育教諭の生活発表会への取り組みを通して学んだことの実践報告
事例研究活動発表会「かがしまこども園」スライド
  
④ 事例研究活動・発表を終えての感想
ア. 今年の4月からこども園に移行したことで、入園希望の見学者と就活の学生及び実習生から「移行した理由と、こども園になってどのような教育保育を行っているのか」という質問が多く聞かれるため、法人職員の方にも園の概要をお伝えする良い機会になりました。特に学生にとっては、どんな雰囲気の職場であるのかについての関心が高いため、園の方針や心掛けていることなどをお伝えすることが必要だと考えました。話したいことがたくさんあり、時間いっぱいに詰め込んだため、早口になったのを反省しています。しかしながら「笑顔でいることの大切さ」については、伝わったようでひと安心です。職員にとっても長井さんの体験談が自分と重ねて思いを巡らせることになり、自己の振り返りに役立ったこと、また、笑顔でいるための心構えについてより一層、各自の意識が高まっているようで発表会後の見学者からの好評価につながっていることは、大きな成果だと思います。子ども達だけでなく保護者と職員にとっても居心地の良い場所であり、一人ひとりの良さが生かされるあたたかい園であるように精進したいと思います。貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。
  
イ. 今回、事例研究発表会を通して、子ども達への声掛けや接し方など、自分を見つめ直すことができ、笑顔の大切さを改めて感じました。また、当日はとても緊張しましたが、終わった後に参加していた皆さんにあたたかい声を掛けて頂き、私の発表で何か伝わるものがあったのかなと嬉しく思いました。これからも笑顔を大切に「やさしい先生」を目指してがんばります。
 
⑤ 事例研究活動参加メンバー
 写真(左)副園長 市川紀恵さん、(右)保育教諭 長井伶奈さん
かがしまこども園_事例研究活動参加メンバー
 
⑥ 施設長コメント
 「鏡島保育園」が「かがしまこども園」になり、どのように変わったのか、また「笑顔」をキーワードに、日々の教育・保育の中で大切にしていることを皆さんにお伝えることができ、大変良かったと思っています。
かがしまこども園 川上 城 先生
  かがしまこども園 川上 園長
 
- - - - -
参考blog 『第8回 事例研究活動・発表会』を開催いたしました
  
-----------------------------------------------------------

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 
 

伊自良苑 新入職員 H・Aさん~日々学びながら毎日楽しく働いています

 
社会福祉法人同朋会の入職者をご紹介します。
 
①所属施設
 伊自良苑
 
②入職年月日
 2021年4月1日
 
③名前
 H・Aさん
伊自良苑H・Aさん
イラストは、先輩職員の岡本さんが描いてくださいました。
  
④同朋会に就職を決めた理由
 実習で来させて頂いて、職員方同士の和気あいあいとした雰囲気や利用者の方のことを深く理解し、支援している姿を見て私もこの職場で働かせて頂きたいと思いました。
 
⑤働いてみて、今の感想
 まだ分からないことが沢山ありますが、周りの先輩職員方が優しく丁寧に教えて下さるので、日々学びながら毎日楽しく働いています。
 
⑥今後の目標や夢
 利用者の方一人ひとりに寄り添うことができる支援員になれるよう頑張っていきます。
 また社会福祉士の資格を取得し、より専門的な知識を身に付けていきたいです。
 
  

特別養護老人ホーム 椿野苑から動画配信中です>>利用者様や職員の表情をぜひご覧ください!

 
社会福祉法人 同朋会 特別養護老人ホーム 椿野苑では
Facebook や Tik Tok で動画配信中です。
 
入居者様には同意(動画.写真撮影)をいただいております。
現在職員募集中です。興味ある方は、動画をご覧の上、
見学もお受けしています。お気軽にご連絡ください。
お待ちしております ♪
 
画像やURLをクリックすると視聴できます。
 
椿野苑 Facebook
椿野苑_facebook_動画
https://www.facebook.com/tsubakinoen.jp/
 
椿野苑 Tik Tok
椿野苑_Tik Tok
https://www.tiktok.com/@tsubakinoen_0501
 
-----------------------------------------------------------

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 

自分の感情に責任を持てる、これが虐待防止への道である~「虐待防止&アンガーマネジメント研修」追加報告、講義担当・上野主任の感想


社会福祉法人 同朋会 
障害者支援施設・自閉症成人施設の伊自良苑
「虐待防止&アンガーマネジメント研修」の追加報告
2021年7月・8月に2回シリーズの2回目
・上野 主任「障がい福祉サービスに従事する者として~基本姿勢・心構えについて~」
 
講義を担当した上野主任の感想
今回の研修において、一番重要なポイントとなったのは、
全職員が一堂に会してではありませんでしたが、
同じ内容の講義を受けたということです。
大切にしたい事柄、ツールを共有することができ、
職員間においても共通の視点、話題があることで
少しずつコミュニケーションの幅が広がっていく、
そこに大きな研修の意味を感じました。
 
次に、虐待はあってはならない事ですが、
言うは易く行うは難しでもあります。
日々の支援においては
自分自身の感情をコントロールすることが求められる場面は多く、
支援とは、まず自分自身と向き合うことからが
スタートであると強く感じています。
自分自身の感情をコントロールしていくために、
これまでに行われたアンガーマネジメント研修から
多くの視点、気づきが得られました。
 
第2回研修目次
 
講義の導入でお話させていただきましたが、
知識として得た事柄を自分たちの物にしていく、
「知っている」から「出来る」へのステップアップが今後の大きな目標となります。
地道な積み重ねの中で自分たちの力にしていく、
そして、自分の感情に責任を持てるように、
これが虐待防止への道であると強く感じました。
 
最後に自身の振り返りとなりますが、
研修に臨むにあたり、最初は職員教育という視点から講義内容を考え始めましたが、
徐々に内容を検討していく中で、
改めて自分自身にとって大切にしていかなければならない視点を
学んだり、気づきを得たりすることが多く、
最終的には職員間で共有したい事柄をお話しさせていただく、
併せて自分自身の行動宣言でもあるといった内容となりました。
 
上野主任_講義
左:上野主任 中央・右)研修受講の様子
   
研修を終わって、
「愚痴はだめだよ」と
にこやかに職員が話していました。
少しほっこりしたとともに、
職員教育なんて最初に考えていたことはおこがましく、
学ばせてもらっていた、
活力をいただいた、
今後も地道な取り組みを
相互に支えあって続けていきたいと思いを強くしました。
 
 
-----------------------------------------------------------

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 

椿野苑 新入職員 アウンさん~困ったときは先輩方が優しく対応してくれるので安心して仕事ができ本当に良かった


社会福祉法人同朋会の入職者をご紹介します。
 
①所属施設
 特別養護老人ホーム椿野苑
 
②入職年月日
 2021年4月1日
 
③名前
 アウンさん 【ミャンマから来日】
椿野苑・アウンさん
 
④同朋会に就職を決めた理由
 ミャンマーにいたときから病院で働いたことがあり、その時から外国で今まで自分が働いていた仕事と関係がある仕事をやりたかったのが夢でした。その時から仕事をしながら日本語を勉強し始めました。そこで日本語の先生の紹介で同朋会を知って就職することを決定しました。
 
⑤働いてみて、今の感想
 働いて本当に良かったと思います。特に良い人間関係で満足でした。仕事で困ったときは先輩方が優しく対応してくれるので安心して仕事ができ本当に良かったです。
 
⑥今後の目標や夢
 元気な心身で優しい介助をして利用者方々に安心してもらいたい。
 元気で仕事を続けていきたい。
 

椿野苑 新入職員 カンさん~将来は日本とミャンマーの架け橋になりたい

 
社会福祉法人同朋会の入職者をご紹介します。
 
①所属施設
 特別養護老人ホーム椿野苑
 
②入職年月日
 2021年4月1日
 
③名前
 カン さん 【ミャンマから来日】
椿野苑_カンさん
  
④日本に就職を決めた理由
 高校生の時から色々な施設へ友達とボランティア活動に参加していました。高校で経済科目の先生が日本語を教えている先生で夏休みとかに簡単な日本語を少しずつ教えて頂いて、日本語に興味を持ち「今も介護のボランティアをやっているので介護の仕事で日本へ行ったらどう?」とアドバイスされ自分自身も日本語と介護の事についてもっと学びたいなと思い日本へ行くことを決心しました。
 
⑤働いてみて、今の感想
 この仕事をやって本当に良かったと思っています。初めは慣れない事もあり、あまり順調に行かなかったが職場の上司や先輩方が優しく教えて下さったので今は様々な場面に責任を持って利用者様の担当や色々な役割を持つようになりました。職場の雰囲気もとても良いので出勤する毎日が幸せです。
 
⑥今後の目標や夢
 介護の技術と知識について学校の授業や実習等たくさん学んで来ましたがまだまだ力不足と思っています。利用者様により良い生活を過ごして頂ける為には色々な方法で工夫していかなければならないと思いますので、これからも介護について学び続けていきたいと思います。
 将来は自分が今まで学んできたことをミャンマーの若者に広げてあげて、日本とミャンマーの架け橋になりたいと思っています。
 

「第8回事例研究活動・発表会を終えて」職員育成委員長

 
「第8回事例研究活動・発表会を終えて」
 社会福祉法人同朋会 職員育成委員長 平井 八重子
  
令和3年7月10日(土)に社会福祉法人同朋会の事例研究活動・発表会を開催しました。
閉会あいさつ_平井_職員育成委員会・委員長当法人では、平成25年から、職員の人材育成とより良質な福祉サービスを提供することを目的に、各事業所でテーマを決めて研究してきた内容を法人内職員全体に向けて発表するという取り組みを行ってきました。障がい福祉分野、高齢福祉分野、児童福祉分野と幅広い福祉を担っているからこそ、分野を超えた課題の共通や学びがあります。
 当初は、参加者を法人内職員に限定していましたが、回を重ね内容も充実してきたことから、福祉分野への就職を目指している学生さんや指導者の方にもZoomによる参加を呼びかけ、参加いただいた方からは「とても参考になった」と好評をいただきました。
 
今回の事例研究の一つめは、ディサービスセンターにおいて利用者さんが「オーガ」という通貨を通じて、「貯める楽しみ」「使う楽しみ」を経験することで活き活きと過ごしていただける仕組みの取り組みでした。二つめは、障がいのある利用者さんの「意思決定支援」の取り組み、三つめは、保育士が笑顔でかかわることの大切さを、保育士2年目の経験を通じて報告しました。
当日は、参加者から分野を超えた立場からの意見や共感の声や質問などで大いに盛り上がりました。

改めて、この活動について、事業所全体で研究に取り組むこと、研究成果については職員全体で共有するという初心に戻り、更に充実した内容の事例研究活動・発表会にバージョンアップしていきたいと思います。
今回の発表会の開催にあたり、ご指導いただきました進創アシスト代表の鷹取敏昭先生、そして人材育成委員の皆様に感謝いたします。
 
 
■ 会場風景(新型コロナ感染対策として会場参加人数を制限して実施)
発表会場
 
■ Zoomでの視聴参加の様子
Zoom視聴
 
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 

伊自良苑で「虐待防止&アンガーマネジメント研修」を実施しました

 
社会福祉法人 同朋会
障害者支援施設・自閉症成人施設の伊自良苑で
「虐待防止&アンガーマネジメント研修」を実施しました。
 
2020年11月・12月に2回シリーズの1回目(7日程で実施)
・伊自良苑 林 施設長
 「障害者虐待防止法の理解」
・日本アンガーマネジメント協会認定ファシリテーター 鷹取 先生(人事コンサルタント・社会福祉士)
 「怒りとは、怒りが生まれるメカニズム、衝動のコントロール」
 
2021年7月・8月に2回シリーズの2回目(5日程で実施)
・伊自良苑 上野 主任
  「障がい福祉サービスに従事する者として~基本姿勢・心構えについて~」
・日本アンガーマネジメント協会認定ファシリテーター 鷹取 先生
 「アンガーマネジメント総合診断」「思考のコントロール・行動のコントロール」
 
 
社会福祉法人同朋会では、虐待防止委員会を発足させ
「虐待防止対策規程」の策定や防止対策も進めていますが
さらに、虐待防止の考え方とスキルを高めるために
伊自良苑では全職員を対象に研修(各回90分)を実施しました。
 
研修は、伊自良苑職員は施設の会議室に集合し、感染防止に注意しながら聴講を受け、少人数のグループで意見交換しました。
鷹取先生はZoomを活用しオンラインで講義と指導をしていただきました。
 
2回目の研修前に全員が「アンガーマネジメント総合診断」を受け、その診断結果が各人に返され、思っていた通りであったり、または気づいていなかったことであったりとひじょうに参考になったという意見がたくさんありました。
 
虐待防止というどちらかとえば個人の努力に任せられがちなことを、アンガーマネジメントという一定の考えとスキルを全員が学ぶことで、施設職員に共通の言語、共通のツールが得られたことは大きかったと思います。これからも、実効性のある虐待防止につなげていきたいと考えており、引き続き研修を重ねていく予定です。
 
研修の様子
研修風景
上段右写真(左:林施設長、右:上野主任)
上段左写真(鷹取先生)
下段研修受講者
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 
「岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進エクセレント企業」として認定を受けました
excellent_maru
excellent_sikaku


椿野苑は「岐阜県介護人材育成事業者認定制度」の認定を受けています
岐阜県介護人材育成事業者認定制度の認定証
岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業として登録されました
岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業登録証
同朋会は「新はつらつ職場宣言」事業所です

「新はつらつ職場づくり推進事業」

 
  

ギャラリー
  • 階層別研修「ステップアップ研修〔2〕」~入職3年目以上の中堅職員が積極艇に意見交換、自身を振り返りました
  • 伊自良苑「虐待防止&アンガーマネジメント研修」アンケート~学びを自身で現場でいかしていきたい
  • 事例研究活動・発表~かがしまこども園「私たちが大切にしていること」
  • 事例研究活動・発表~かがしまこども園「私たちが大切にしていること」
  • 事例研究活動・発表~かがしまこども園「私たちが大切にしていること」
  • 伊自良苑 新入職員 H・Aさん~日々学びながら毎日楽しく働いています
  • 特別養護老人ホーム 椿野苑から動画配信中です>>利用者様や職員の表情をぜひご覧ください!
  • 特別養護老人ホーム 椿野苑から動画配信中です>>利用者様や職員の表情をぜひご覧ください!
  • 自分の感情に責任を持てる、これが虐待防止への道である~「虐待防止&アンガーマネジメント研修」追加報告、講義担当・上野主任の感想
記事検索
最新記事(画像付)