この素晴らしい時間をあなたと共に…社会福祉法人同朋会

就職を希望するあなたへ、岐阜県・社会福祉法人同朋会のことをよく知ってもらいたいという思いからいろいろ発信しています。 お問い合わせは、各記事にある担当者へお気軽にどうぞ(どの担当者が適切かご不明な場合は、どのアドレスからでも結構ですよ)

2021年09月

東濃自閉症援助センター「かさはら」新入職員 F・Mさん~支援のプロ集団で利用者様も私自身も「できたね!!」の笑顔を増やしたい

 
社会福祉法人同朋会の入職者をご紹介します。
 
①所属施設
 東濃自閉症援助センター「かさはら」
  
②入職年月日
 2021年4月16日
 
③名前
 F・Mさん
「かさはら」F・Mさん
 
④同朋会に就職を決めた理由
 放課後デイサービスで出逢った高等部卒業生が、その後どんな場所でどのように社会と関わっていくのか知りたいと思いました。
 
⑤働いてみて、今の感想
 単なる預かりの場ではなく、支援のプロ集団だと感じています。
 
⑥今後の目標や夢
 利用者様も私自身も「できたね!!」の笑顔を増やし、少しでも先輩方に近付けるよう、努力します。
 

事例研究活動・発表/東濃自閉症援助センター「かさはら」自分で決める力を育む支援~行動の背景にある思いを探りながら~

 
7月10日(土)に開催した 「令和3年度 社会福祉法人同朋会 第8回 事例研究活動・発表会」において発表した取り組み内容を紹介します。
 
① 施設名
 東濃自閉症援助センター「かさはら」
  
② 事例研究活動のテーマ名
 自分で決める力を育む支援
 ~行動の背景にある思いを探りながら~
東濃自閉症援助センター「かさはら」
   
③ 事例研究の概要
 障害者権利条約への批准により法制度が整備され、意思決定支援の実践が求められていますが、実際の支援場面では、意思の表出がない、選ぶことの意味を理解できない等、意思の決定に困難を抱えておられる方が多いと感じています。
 自分で決める力を育むためにはどういった応援が必要なのか?私たち支援者には何が求められているのか?自閉症者の行動からその背景にある思いや意味を汲み取り、意思を表すことへの自信と選ぶ・決めることへの意欲を高めるための取り組みを報告します。
 
④ 事例研究活動・発表を終えての感想
  • 日々の支援で課題を見つけて、取り組んでいくことの大切さと難しさを感じたが、自分自身の学びとなった。            
  • 利用者さんの日常生活や社会生活に関して、自らの意思決定できるように支援の工夫を今後も継続して行くことが必要であると気づけた。
  • 支援することに対して前向きになり、支援者としての自分についても客観的な視点で振り返ることができるようになった。
 
⑤ 事例研究活動参加メンバー
「かさはら」研修委員画像
奥・・・ 左:濵野孝宏さん 右:植田博士さん
前・・・ 左:梅村史和さん 中:寺西良宏さん 右:森智之 主任(職員育成委員)
 
⑥ 施設長コメント
 今年度の法人事例研究活動・発表会において、当事業所の利用者さんとの歩みの経過を発表できたことは、事業所全体で進めてきた取り組みを振り返り、検証するという意味合いからも、新たなスタート地点に立つ有意義な機会となりました。発表という一つの区切りは迎えましたが、利用者さんの生活に切れ目はなく、同時に私たちの営みも続きます。私たちの仕事の神髄は利用者理解にあります。より深くより丁寧に利用者さんと向き合い、支援の目的や根拠を明確にして情報を持ちより、分析した結果を検証する営みを続けながら、利用者さん個々のエンパワーメントやより豊かな暮らしにつなげていきたいものです。
 東濃自閉症援助センター「かさはら」北村 茂 施設長
「かさはら」北村施設長
  
  
-----------------------------------------------------------

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 

事例研究活動・発表/椿野苑デイサービスセンター~デイサービスで買い物を!

 
7月10日(土)に開催した 「令和3年度 社会福祉法人同朋会 第8回 事例研究活動・発表会」において発表した取り組み内容を紹介します。
 
① 施設名:
 椿野苑デイサービスセンター
  
② 事例研究活動のテーマ名:
 デイサービスで買い物を!
   
③ 事例研究の概要:
 デイサービス利用者の方々が日頃買い物などに出掛けることが出来ず、日常生活での活気が少なくなってきている状況があります。しかし、本人としてはまだ意欲がある考えを見聞きして、何とかデイサービスで答えられないか考え、施設内通貨「オーガ」を導入することとし、買い物が出来る様にしました。レクリエーションや機能訓練等でオーガを貯め、好きな商品をオーガで購入する中で利用者・職員が、どのように変化していったのか取り組みを通して研究しました。
椿野苑デイサービス_事例研究発表_デイサービスで買い物を-1
 
椿野苑デイサービス_事例研究発表_デイサービスで買い物を-2 
 
④ 事例研究活動・発表を終えての感想
 実際に取り組みを行っていく上で利用者の意欲が向上していく姿を目の当たりにして、職員も利用者の新たな一面を見ることができました。また、日頃から色々な事に対して意欲があることにも気付かされました。
 意欲の中でも買い物についてはニーズが強く、次から次へと要望が届いたり、欲しい商品を選んだりしている姿に活気が見られ嬉しく感じました。
 この取り組みを通して、その他の活動(レクリエーション・体操・機能訓練など)に結び付けることで、多方面での意欲向上に繋がることにも気が付きましたので、今後のデイでの生活に活かしていける様にしていきたいです。
 
⑤ 事例研究活動参加メンバー
 室戸真也 主任(左)、佐藤真美さん
室戸主任佐藤さん
 
 
⑥ 施設長コメント
 今回の研究発表に取り組んだ事例を基に、現在デイサービスで行っているサービスが根拠に基づいて
出来ているのか、そのサービスを提供することでどんな成果・考課がでているのかを分析し、今後も利用者が一日でも長く笑顔で元気に在宅で暮らすことが出来るよう、そして職員も元気でサービスを提供できるよう取り組んで行きましょう。
  特別養護老人ホーム 椿野苑 井上 祐子 施設長
井上祐子施設長
 
  
-----------------------------------------------------------

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 
 

階層別研修「ステップアップ研修〔2〕」~入職3年目以上の中堅職員が積極艇に意見交換、自身を振り返りました


 
社会福祉法人同朋会で毎年実施している階層別研修のうち
「ステップアップ研修〔2〕」を実施しました。
  • 対象:入職3年目以上の中堅職員(今年は、障害・高齢・児童の各施設から20名の参加)
  • 狙い:社会人・組織人としての一般的な役割や責任を理解した上で、同朋会の中堅職員としての心得を学び、利用者や職場の職員から信頼される行動を起こしていく、その考え方ややり方を身につける
  • 概要:① 中堅職員において社会人、組織人としての役割と存在を考える。 ② 同朋会職員としての使命を考え、理念を具現化し実践の仕方を話しあう。 ③職場におけるコミュニケーションの基本を理解し、実践する。
- - - - -
感染防止のためオンラインシステム Zoomを利用して開催
 
1.Zoom操作練習
2.開会あいさつ
    研修委員会委員長 平井 八重子(華陽保育園園長)
    参加者自己紹介
3.講義、グループディスカッション、発表、講師助言指導
  • テーマ1:「社会人・組織人として期待されている中堅職員としての役割を改めて確認した上で、利用者や職場の職員から信頼される行動を起こしていく、その考え方ややり方を身につける」
  • テーマ2:「同朋会の中堅職員としての心得を学び、不十分なところをどのように改善し、力をつけていくかを具体化する」
   講師:人事マネジメント研究所 進創アシスト 代表 鷹取 敏昭 氏
      (人事コンサルタント・社会保険労務士・社会福祉士)
                      
4.閉会あいさつ  
    研修委員 岡本 貴之(ワークス伊自良施設長)
5.閉会あいさつ
 
- - - - -
参加者の研修後レポートなどは、改めて報告します。
  
 
ステップアップ研修〔2〕の中堅職員
ステップアップ研修〔2〕_20210918
5段目は職員育成委員会の委員と、(右端)鷹取先生
 
 

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 

伊自良苑「虐待防止&アンガーマネジメント研修」アンケート~学びを自身で現場でいかしていきたい

 
障害者支援施設・自閉症成人施設【伊自良苑】
施設全職員が受講した
「虐待防止&アンガーマネジメント研修」について
受講後のアンケートの一部を紹介します。
  • 行動のコントロールが難しいと思ったが、自分にできそうなこととして「変えられない」を受け入れる。他人を変えようとはせず、できる範囲で自分を変える努力ができればいいと思った。
  • 対利用者については難しいなと思うことが多かったのですが、対職員に関しての怒りの感情については、今回のことを実践していけるなと感じました。自分の怒りの境界線をうまく相手に伝えることで、自分も相手も仕事がしやすくなるのかなと感じました。後輩への伝え方などに活用していきたいと思います。
  • 関わらなくてもよいところで、イラっとすることもあるので、関わらないという選択も上手に取り入れていきたいと思います。
  • チーム支援の中でやりすぎた関与の仕方をしている職員がもしいれば6秒考える時間を与えたり、共に問題行動を話しあったりしていきたい。共通ツールがあれば、やりやすいことがわかったので職員同士で話し合いをしていきたい。
  • チーム全体として、個々が怒りに対してコントロールトレーニングする事の大切さを学んだ(個人的に浸透させなければ虐待はなくならない)。毎月のユニット会議で忘れないように議題にしなければいけない。
 
研修の様子(全員が一同に会することができないため複数回に分けて開催)

研修風景
 
 虐待防止の対策に職員全員が同じ認識をもち、行動できるようになるには課題はたくさんありますが、今回同じテーマ・内容を学べたのはよかったと思います。これを現場で実践していけるように取り組みを進めていきます。
 
■参考blog

伊自良苑で「虐待防止&アンガーマネジメント研修」を実施しました

自分の感情に責任を持てる、これが虐待防止への道である~「虐待防止&アンガーマネジメント研修」追加報告、講義担当・上野主任の感想
 




 
-----------------------------------------------------------

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 
[動画] 職員育成システム「メンター制度」
椿野苑メンター制度
職員インタビュー(障害者支援施設・生活の家桜美寮・生活支援員)
生活の家桜美寮_インタビュー
職員インタビュー(デイサービスセンター・桜美寮・准看護師)
桜美寮デイサービスセンター_インタビュー
職員インタビュー(障害者支援施設・伊自良苑・生活支援員)
伊自良苑インタビュー_202205
職員インタビュー動画(かようこども園・保育教諭)
excellent_sikaku


椿野苑は「岐阜県介護人材育成事業者認定制度」の認定を受けています
岐阜県介護人材育成事業者認定制度の認定証
岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業として登録されました
岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業登録証
同朋会は「新はつらつ職場宣言」事業所です

「新はつらつ職場づくり推進事業」

 
  

ギャラリー
  • 自分の意見や思いも大切にし相手に伝えながら支援を充実させる/階層別研修『ステップアップ研修〔3〕』
  • 東濃自閉症援助センター「かさはら」高木さん~利用者の方々と嬉しい気持ちや頑張りたい気持ちが共有でき、困った時には頼ってもらえるような支援員を目指したい
  • ロールプレイで伝えることの練習の大切さ学びました/階層別研修『ステップアップ研修〔3〕』
  • 一方的に仕事を頼むのではなく、相手の状況も確認しながら頼むコミュニケーションを学んだ/階層別研修『ステップアップ研修〔3〕』
  • 「言いにくいことや言いにくい相手に対して“頼む”コミュニケーション」ロールプレイを中心に/階層別研修「ステップアップ研修〔3〕」
  • 自分がどのように動いていくかで、一人ひとりのレベルやチームのレベルが上がり、より良い支援につながることが分かった/階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』
  • ワークス伊自良・M.Tさん~早く1人でパンが焼けるようになり2年後には社会福祉士の資格を取得したい
  • (新人職員)不安が一番取り除かれ、安心できる~『メンター制度』/YouTubeで紹介
  • 具体的で的を絞ったできる範囲の要求をする/階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』
記事検索
最新記事(画像付)