この素晴らしい時間をあなたと共に…社会福祉法人同朋会

就職を希望するあなたへ、岐阜県・社会福祉法人同朋会のことをよく知ってもらいたいという思いからいろいろ発信しています。 お問い合わせは、各記事にある担当者へお気軽にどうぞ(どの担当者が適切かご不明な場合は、どのアドレスからでも結構ですよ)

2021年12月

生活の家 桜美寮 新入職員 Y.Kさん~覚えることはたくさんありますが、その分やりがいはすごくあります!

 
社会福祉法人同朋会の入職者をご紹介します。
 
①所属施設
 生活の家 桜美寮 3フロア
  
②入職年月日
 2021年10月1日
 
③名前
 Y.Kさん
Y.Kさん
イラストは、先輩職員の井口さんが描いてくださいました。
 
④同朋会に就職を決めた理由
 地元にある障害者入所施設で夜勤を行いたくて選びました。
 
⑤働いてみて、今の感想(率直な感想、良い感想以外でもOK)
 自分が思って以上に仕事量や行う仕事内容が多く覚えるのに大変だと思いました。
 その分やりがいはすごくあります。食事介助や排泄介助や入浴介助など利用者様一人一人に合わせた支援方法があるのだなと思いました。
 
⑥今後の目標や夢
 ますは普段行う仕事を覚えて独り立ちした時積極的に動けるようにしていきたい。
 利用者様と今以上に信頼関係を作り他の職員さんからも頼られる支援員になることです。
 細かい業務や委員会など色んな形で活躍できるようになりたいです。
 

怒りのメカニズムを知ることで感情コントロールの重要性を学ぶことができた~ステップアップ研修〔3〕受講者レポート

 
『社会福祉法人 同朋会 ステップアップ研修〔3〕』
エリア長、ユニット長、フロア長、クラスリーダーや次期候補者など現場で中核的な役割を担う職員を対象とした今回の研修について、ある参加者のレポートです。
 
1.学んだこと
  • 信頼できる人、できない人のワークであげた像は、リーダーとして目指すべき姿やこうなってはいけないと気をつける姿である。
  • 自分の思考のクセを知ることは、いかに自身が自己覚知できるかということであると思う。相手の考えはなかなか変えることができないため、自身がいかに感情や思考のコントロールができるか、そして日頃からコミュニケーションをとることでお互い本音を伝えられる関係性を築けるかが重要であると思う。
  • 怒りのメカニズムを知ることで感情コントロールの重要性を学ぶことができた。コントロール、マネジメントの方法についてもう少し学ぶ機会があるといい。
2.次のステップへの努力目標
  • まずは自分でするべき仕事を覚え把握していく。その上で自分がしなくてもいい仕事については任せていくことで余力を作っていく。
  • 今年度中に引き継ぎを済ませる。その上で自分がするべき仕事と任せられる仕事を選別していく(4月~5月頃には完了)
  • 日々の仕事の中での会話、プライベートなことも含めて話をする。
 
ステップアップ研修〔3〕あるグループのディスカッションの様子

stepup3-4
3段目左 鷹取先生、 右 林 職員育成委員会副委員長(伊自良苑施設長)
 
関連blog 階層別研修「ステップアップ研修〔3〕」~信頼される人になるために
 
- - - - -

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 





 

自分がやってしまった方が早いは、相手の成長をさまたげることになっているのかも~ステップアップ研修〔3〕受講者レポート

 
『社会福祉法人 同朋会 ステップアップ研修〔3〕』
エリア長、ユニット長、フロア長、クラスリーダーや次期候補者など現場で中核的な役割を担う職員を対象とした今回の研修について、ある参加者のレポートです。
 
1.学んだこと
  • コミュニケーションを図り信頼関係を築いていく。・・・情報が正しく伝わっているか確認し、伝わったか確認することが大切。共通理解があってこその職場だと思うので、コミュニケーションを常日頃からとり相談のしやすい、話しかけやすい雰囲気を作っていく。
  • 思考のクセ「すべき思考」・・・私は相手に言って嫌な思いをするなら自分がやってしまった方が早いからと分担した仕事も「やっておくね」と抱え込んでいることがある。でもそれは、相手の成長をさまたげることになっているのかもしれないと振り返ることが大切だと思った。
  • 感情のふり返り・・・今まで自分の怒りを溜め込んだ感情に対して考えることがなかったので、振り返って改善していくことで業務や人間関係がよりスムーズにいくと思った。

2.次のステップへの努力目標
  • 一人ひとりの価値観を受け止め、みんなで一緒に考え、より良い保育を目指していく。
  • 月曜日から午睡時間や休憩時間等を活用し、普段からコミュニケーションを図り、何でも言い合える関係づくりに努める。
  • 相談に対して相手の思いを尊重していく。
  • 仕事の分担を見直し、期限等一緒に考えていく。
  • 言わなければならない注意は相手の立場に立ってしていく。

ステップアップ研修〔3〕あるグループのディスカッションの様子
stepup(3)-3
3段目右 鷹取先生
 
関連blog 階層別研修「ステップアップ研修〔3〕」~信頼される人になるために
 
- - - - -

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
 

自分のさまざまなスキルのステップアップにつながると感じた~ステップアップ研修〔3〕受講者レポート

 
『社会福祉法人 同朋会 ステップアップ研修〔3〕』
エリア長、ユニット長、フロア長、クラスリーダーや次期候補者など現場で中核的な役割を担う職員を対象とした今回の研修について、ある参加者のレポートです。
 
1.学んだこと
  • 自分自身が誰かのロールモデルになっている可能性があるということは、誰かに見られているかわからないということでもあり、見られても恥ずかしくないような業務への姿勢をすることで、自身の意欲向上にもつながっていくと感じた。それと同時に、自分自身もロールモデルになる人を見つけることで、自分のさまざまなスキルのステップアップにつながると感じた。
    中核職員と呼ばれる私たちは、後輩職員や上司とのハシゴとなるポジションであり、求められる能力も多いのだと感じた。チームとして仕事を行っていく中で、他の人も巻き込みながら向上いていくことも求められ、一人ひとりの職員さんともきちんと向き合い、理解しようとする姿勢を大切にしていきたい。
  • 思考のクセを他人に知らず知らずのうちに押し付けていないか、日頃から自身の思考のクセについて考えてみたい。思考のクセは、自分自身にも心当たりがあり、偏った考え方に無意識のうちになってしまわないようにする必要があると思った。
2.次のステップへの努力目標
  • 今回の研修の中で、“信頼できない人”に感情(機嫌)が態度に出る人というのが挙がったが、後輩職員や上司から信頼を得るためにも、自分自身も気をつけていかないといけないと感じ、円滑に業務を行っていくためにも必要であると思った。
  • 今年ユニット長になって半年ほど経ったこともあり、少しずつ視野を広げていけるような後期にしたいと思う。
ステップアップ研修〔3〕あるグループのディスカッションの様子
stepup(3)-1
3段目 鷹取先生
 
関連blog 階層別研修「ステップアップ研修〔3〕」~信頼される人になるために
 
- - - - -

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
   

「思考のクセ」自分に思い当たることが多かったので改めないといけない~ステップアップ研修〔3〕受講者レポート

 
『社会福祉法人 同朋会 ステップアップ研修〔3〕』
エリア長、ユニット長、フロア長、クラスリーダーや次期候補者など現場で中核的な役割を担う職員を対象とした研修後のレポートです。
 
1.学んだこと
  • 価値観は多様化している・・・いろいろな人がいるように育った環境、家庭環境も違い、立場もバラバラです。それに考えていることも違うので、全部を理解、受け入れることは難しいかもしれませんが、いろいろな立場に立って考えることは大切だと知れました。
  • 思考のクセ・・・感情的に決めつけたり、レッテルを貼ったり、~すべきと思ったりするなど、自分に置き換えると思い当たることが多かったので、考えを改めないといけないなと感じました。
  • コミュニケーションはすごく大切・・・イライラした時などの気持ちを相談できるような同僚がいることはすごく大切で、コミュニケーションを取らないと相手の思っていることはわからないし、伝わりません。また、講師からコミュニケーションは深度(深い内容)ではなく頻度(多くの回数)と言われていて私も大切にしたいと思いました。
2.次のステップへの努力目標
  • グループディスカッション「信頼できる人・できない人」でも意見として出ましたが、期日を守れる人などがあったので、書類の提出など遅くなることがあるため、普段の生活の姿を見つめ直したいです。できることはすぐにやれるようにしていきます。
  • コミュニケーションを取るのに苦手意識があり、相手がどう感じているのか不安になると必要以上に声を掛けられなくなってしまいますが、やはり話さないと何もわからないので、些細なことでもいいのでクラス内で声を掛け合っていくようにします。
  • 保育中、余裕がなくなったりすると、口調が強くなったり、相手に対して心の中で決めつけたりしていたところがあったと今回気づいたので、余裕がなくなっても、いろいろな人が見ていると意識して、冷静でいられるように明日から意識したいです。
 
ステップアップ研修〔3〕のエリア長等職員と職員育成委員会委員
同朋会_STEPUP研修〔3〕_20211113
5段目(右端)鷹取先生
 
関連blog 階層別研修「ステップアップ研修〔3〕」~信頼される人になるために
 
- - - - -

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。
  
[動画] 職員育成システム「メンター制度」
椿野苑メンター制度
職員インタビュー(障害者支援施設・生活の家桜美寮・生活支援員)
生活の家桜美寮_インタビュー
職員インタビュー(デイサービスセンター・桜美寮・准看護師)
桜美寮デイサービスセンター_インタビュー
職員インタビュー(障害者支援施設・伊自良苑・生活支援員)
伊自良苑インタビュー_202205
職員インタビュー動画(かようこども園・保育教諭)
excellent_sikaku


椿野苑は「岐阜県介護人材育成事業者認定制度」の認定を受けています
岐阜県介護人材育成事業者認定制度の認定証
岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業として登録されました
岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業登録証
同朋会は「新はつらつ職場宣言」事業所です

「新はつらつ職場づくり推進事業」

 
  

ギャラリー
  • 自分の意見や思いも大切にし相手に伝えながら支援を充実させる/階層別研修『ステップアップ研修〔3〕』
  • 東濃自閉症援助センター「かさはら」高木さん~利用者の方々と嬉しい気持ちや頑張りたい気持ちが共有でき、困った時には頼ってもらえるような支援員を目指したい
  • ロールプレイで伝えることの練習の大切さ学びました/階層別研修『ステップアップ研修〔3〕』
  • 一方的に仕事を頼むのではなく、相手の状況も確認しながら頼むコミュニケーションを学んだ/階層別研修『ステップアップ研修〔3〕』
  • 「言いにくいことや言いにくい相手に対して“頼む”コミュニケーション」ロールプレイを中心に/階層別研修「ステップアップ研修〔3〕」
  • 自分がどのように動いていくかで、一人ひとりのレベルやチームのレベルが上がり、より良い支援につながることが分かった/階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』
  • ワークス伊自良・M.Tさん~早く1人でパンが焼けるようになり2年後には社会福祉士の資格を取得したい
  • (新人職員)不安が一番取り除かれ、安心できる~『メンター制度』/YouTubeで紹介
  • 具体的で的を絞ったできる範囲の要求をする/階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』
記事検索
最新記事(画像付)