『社会福祉法人 同朋会 ステップアップ研修〔3〕』
エリア長、ユニット長、フロア長、クラスリーダーや次期候補者など現場で中核的な役割を担う職員を対象とした今回の研修について、ある参加者のレポートです。
 
1.学んだこと
  • 価値観の多様化→価値観は一人ひとり違い、その人と違う価値観を受け止められる人もいれば、受け止められない人もいる。その受け止め方の違いも一人ひとりの個性である。
  • 思考のクセ→自分の思いに固執していないか、違う見方をすると、どうとらえるのかというのも改めて考えさせられた。「A側から見たら〇だが、B側から見たら△」というように考え方も様々である。
  • 相手を変えようとするのではなく、自分にできる改善工夫を考える→どうしても相手がこうだからと考えがちだが、じゃあ自分はどうしたら、よりよい環境(人的物的)になるのかを考えていきたい。
2.次のステップへの努力目標
  • 人の意見を傾聴し、発言しやすい環境を作る。
  • 思うことを言葉で伝える。その姿を後輩に見せる。
  • 今日から人(周り)をよく観察し、困っていること、悩んでいることがあれば、話を聞いたり、発言する場面では、先輩が先に話すと、後輩が話にくいことがあるため(意見が違ったりすると)「どう思う?」と話をふったりしてみる。
  • 自分と違った意見も受け入れる。
  • 自らが積極的に意見を話す。
 
ステップアップ研修〔3〕あるグループのディスカッションの様子
stepup3-5
3段目 鷹取先生
 
関連blog 階層別研修「ステップアップ研修〔3〕」~信頼される人になるために
 
- - - - -

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。