この素晴らしい時間をあなたと共に…社会福祉法人同朋会

就職を希望するあなたへ、岐阜県・社会福祉法人同朋会のことをよく知ってもらいたいという思いからいろいろ発信しています。 お問い合わせは、各記事にある担当者へお気軽にどうぞ(どの担当者が適切かご不明な場合は、どのアドレスからでも結構ですよ)

2022年08月

自分がどのように動いていくかで、一人ひとりのレベルやチームのレベルが上がり、より良い支援につながることが分かった/階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』

 
社会福祉法人 同朋会 階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』に参加した
入職4年目以上の職員からの研修後レポートを紹介します。
 
1.研修で学んだこと
中堅職員としてのあり方
  • 職場では、上司・後輩の間で自分がどのように動いていくかで、一人ひとりのレベルやチームのレベルが上がり、より良い支援につながることが分かった。
②利用者の信頼度
  • 休みの職員に対して利用者様が「今日〇〇さん休みだけどどうしたの?」など気にかけていることがあり、利用者様が頼っている様子がうかがえる。信頼しているからこそ、休みの時でも気にかけていただけたり、話に出てくるような職員になれることが、利用者様との信頼関係につながっていくと思った。
③先輩として後輩への接し方
  • 教えるだけでなく、何かしてもらったら感謝の言葉を伝えると、本人も認めてもらえたと自信につながる。自分はきちんと感謝の言葉を伝えているか反省するところがあった。
2.次のステップへの努力目標
  • 後輩にもきちんと感謝の気持ちを伝え、働きやすい職場づくりをしていく。仕事を教える立場のため、間違ったことはその場で注意し直してもらう。また、自分の意見を言うだけでなく、相手はどう思ったのか感じたのかを聞くことが大切なので、相手の考えや意見を聞き自分の考えを押し付けないようにする。指導する時には強く言うのではなく、優しくさとすように伝えるようにする。職員間でコミュニケーションをとり、より良い人間関係を築いていく。
 
Zoomのブレイクアウトルームを使い、4~5人ずつに分かれて、参加者同士でディスカッションで悩みを共有し、ロールプレイで学びを深めました。
stepup(2)-1_20220709
下段右:職員育成委員会 林副委員長(伊自良苑 施設長)
 
引き続き他の研修参加者のレポートについても紹介いたします。
  

ワークス伊自良・M.Tさん~早く1人でパンが焼けるようになり2年後には社会福祉士の資格を取得したい

 
社会福祉法人同朋会の入職者をご紹介します。
 
①所属施設
 ワークス伊自良・パン工房
  
②入職年月日
 2022年4月1日
 
③名前
 M.Tさん(左)
works伊自良_M.Tさん
 
④同朋会に就職を決めた理由
 緑の多い自然の豊かな所で利用者の方々とパンを作りたかったから。
 
⑤働いてみて、今の感想
 毎日失敗の連続ですが、周りの方々が優しくフォローして下さっているので
 感謝の気持ちでいっぱいです。
 
⑥今後の目標や夢
 早く1人でパンが焼けるようになりたい。
 2年後には社会福祉士の資格を取得したい。
 
 

(新人職員)不安が一番取り除かれ、安心できる~『メンター制度』/YouTubeで紹介

 
社会福祉法人同朋会 特別養護老人ホーム椿野苑では
職員育成システム『メンター制度』をとり入れており
非常に大きな効果がでていますので動画でご紹介します。
 
メンティの声「すぐ質問できて、不安が一番取り除かれる!指導者が固定されていて、迷うことなく安心できます。」
 
学生さんをはじめ福祉事業所への就職をお考えの方に、参考にしていただければと思います。
 
椿野苑メンター制度
https://www.youtube.com/watch?v=pWK8-Hx0ZIM
[動画時間 9:26]
 
インタビュー内容
1.椿野苑でメンター制度をとり入れた理由は?
2.メンティ(新人)にとって、よかったことは何ですか?
3.逆に、メンター(先輩)にとって、よかったことは何ですか?
4.メンターとして指導してみて、どのような感想をお持ちですか?
5.メンターの感想を聞いて、メンティはどう思いましたか?
6.メンティを指導していて、気づいたことはありますか?
7.メンティとして工夫したことを教えてください。
8.周りの職員はメンター制度を、どう思っているでしょう?
9.回いの職員からの理解や協力はありましたか?
10.メンター制度の課題を教えてください。
11.介護への就職を考えている方に一言

具体的で的を絞ったできる範囲の要求をする/階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』

 
社会福祉法人 同朋会 階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』に参加した
入職4年目以上の職員からの研修後レポートを紹介します。
 
1.研修で学んだこと
①子ども基準で物事を考える。
言いたいことがあったのに相手に言えなかった経験を振り返る中で、相手に気を遣いすぎていたり、自信がなかったりということがあったが、基準は子供であることを見失っていた。子どもたちのために考え、行動するようにしていきたい。
 
②コミュニケーション、伝えるの大切さ。
相手への伝え方次第で受け取り方も大きく変わってくることがわかり、心にゆとりを持ちながら、「尊敬できる見習いたいと思う人」でディスカッションしたようにコミュニケーションをとっていきたい。
 
③具体的で的を絞ったできる範囲の要求をする。
今後、何かを伝えたり教えたりする立場となった時には分かりやすい要求をしていくことが大切だとわかった。自分自身も先輩方から丁寧に教えてもらった経験や、「ありがとう」と言ってもらえ、嬉しく思ったことを思い出し、忘れないようにしたいと思った。
 
2.次のステップへの努力目標
職員間のコミュニケーションを大切にし、チームワークを高めていけるようにすることと、“子どもたち”を基準とした考えを持ち行動していく。
 
心にゆとりを持つことを意識し、表情や言葉に気をつけるようにする。何かを伝えるときには、より具体的で分かりやすく伝える努力をしていく。今はまだ業務を教えたり説明する機会がないが、そのような場合には相手の立場になって考えたり、少しずつできる範囲の要求をしていくようにする。
行事の計画やクラス内での話し合いの場では、積極的に自分の考えやアイデアを伝えていくようにする。 控えめな気持ちにならず、子どものため、さらなる向上のためという気持ちで意見を伝えてみるようにする。
  
 
Zoomのブレイクアウトルームを使い、4~5人ずつに分かれて、参加者同士でディスカッションで悩みを共有し、ロールプレイで学びを深めました。
stepup(2)-1_20220709
下段右:職員育成委員会 林副委員長(伊自良苑 施設長)
 
引き続き他の研修参加者のレポートについても紹介いたします。
  

言いにくいときには「基準は利用者さん」を思い出し、きちんと伝える/階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』

 
社会福祉法人 同朋会 階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』に参加した
入職4年目以上の職員からの研修後レポートを紹介します。
 
1.研修で学んだこと
①言いたいことがあったのに言えなかったときに、仕事に関して、“どこに基準があるのか”を考える。福祉において基準は利用者さんや園児さん。理由として、この基準を考えなければ、適切なサービスを提供できなくなる可能性があるから。
 
②言いにくいことを言うときに、否定から入らないようにする。ロールプレイで相手役をした際、肯定から入る指摘の方が受け入れやすかった。
 
③自分の意見だけでなく、相手の意見も促す。自らの意見が正しいわけではなく、相手方としても意見を聞いてもらった方が指摘を受け入れやすかった。
 
 
2.次のステップへの努力目標
言いたいことがある場合は、今回のグループワークで学んだことを生かし、たとえ相手側が年上であるとしても必要なことは伝えるようにする。
今までは「嫌がられるかも」「年上なのに偉そうに」と思われると考え、言えなかったこともあった。しかし、福祉において基準は利用者さんであり、利用者さんに不利益と思われることを見逃すとサービスの質が落ちることになる。言いにくいと思うこともあるが、基準は利用者さんであることを思い出し、伝えたり指摘したりする。
 
 
Zoomのブレイクアウトルームを使い、4~5人ずつに分かれて、参加者同士でディスカッションで悩みを共有し、ロールプレイで学びを深めました。
stepup(2)_20220709-2
 
下段左:職員育成委員会 森委員(東濃自閉症援助センター「かさはら」主任生活支援員)
下段右:講師の人事コンサルタント・鷹取先生
 
引き続き他の研修参加者のレポートについても紹介いたします。
 
[動画] 職員育成システム「メンター制度」
椿野苑メンター制度
職員インタビュー(障害者支援施設・生活の家桜美寮・生活支援員)
生活の家桜美寮_インタビュー
職員インタビュー(デイサービスセンター・桜美寮・准看護師)
桜美寮デイサービスセンター_インタビュー
職員インタビュー(障害者支援施設・伊自良苑・生活支援員)
伊自良苑インタビュー_202205
職員インタビュー動画(かようこども園・保育教諭)
excellent_sikaku


椿野苑は「岐阜県介護人材育成事業者認定制度」の認定を受けています
岐阜県介護人材育成事業者認定制度の認定証
岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業として登録されました
岐阜県ワーク・ライフ・バランス推進企業登録証
同朋会は「新はつらつ職場宣言」事業所です

「新はつらつ職場づくり推進事業」

 
  

ギャラリー
  • 自分の意見や思いも大切にし相手に伝えながら支援を充実させる/階層別研修『ステップアップ研修〔3〕』
  • 東濃自閉症援助センター「かさはら」高木さん~利用者の方々と嬉しい気持ちや頑張りたい気持ちが共有でき、困った時には頼ってもらえるような支援員を目指したい
  • ロールプレイで伝えることの練習の大切さ学びました/階層別研修『ステップアップ研修〔3〕』
  • 一方的に仕事を頼むのではなく、相手の状況も確認しながら頼むコミュニケーションを学んだ/階層別研修『ステップアップ研修〔3〕』
  • 「言いにくいことや言いにくい相手に対して“頼む”コミュニケーション」ロールプレイを中心に/階層別研修「ステップアップ研修〔3〕」
  • 自分がどのように動いていくかで、一人ひとりのレベルやチームのレベルが上がり、より良い支援につながることが分かった/階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』
  • ワークス伊自良・M.Tさん~早く1人でパンが焼けるようになり2年後には社会福祉士の資格を取得したい
  • (新人職員)不安が一番取り除かれ、安心できる~『メンター制度』/YouTubeで紹介
  • 具体的で的を絞ったできる範囲の要求をする/階層別研修『ステップアップ研修〔2〕』
記事検索
最新記事(画像付)