『社会福祉法人同朋会 幹部職員・現場管理者研修』
施設長(園長)、副施設長、事務長、主任、副主任を対象とした今回の研修について、ある参加者のレポートです。
 
研修テーマ
幹部職員・現場管理者研修_resume_20220224


1.学んだこと
①コミュニケーションの重要性
伝え方であったり、相手の思いを汲み取る工夫を重ねていくことで、一方通行にならないように努めていく。受け手の視点というものがこれまで自身には欠けていたと感じていますので、相手の思いを受け止めつつこちら側の意図を伝えられる工夫をしていきたいと思いました。
 
②虐待防止に向けた取り組み
不適切な事柄、小さな芽への対応の重要性を改めて強く感じました。特に、注意指導の仕方と注意の受け止め方については、様々な価値観がある中で相互理解を深めていくことが職場環境を整えていくことに繋がっていくのではないかと感じました。
 
③相手が相談しやすい、風通しの良い状況を作り出していく
ハラスメントにおいてもだと思いますが、相手と自分の中に認識のギャップがあるのだということをしっかり認識し、そのギャップを埋めていく為の工夫、地道な取り組みを重ねていくことが非常に重要であると考えました。
 
2.職場で必要な対策とはなにか 
ハラスメントについての共通理解を深め、職員間での認識のギャップを少なくしていく。
職場の雰囲気づくり、人間関係における信頼関係を築いていく為のコミュニケーションについて現場管理者側からの取り組みに重点を置き、職員皆さんに感じていただけるように取り組みを重ねていく。
 
 
Zoomのブレイクアウトルームを使って
4~5人に分かれてのグループディスカッション
幹部職員・現場管理者研修_20220224-1
下段は、講師の鷹取先生(人事コンサルタント・社会保険労務士・社会福祉士、(一社)日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント
 
関連blog 階層別研修「幹部職員・現場管理者研修」~ハラスメント・虐待防止にアンガーマネジメントを活用

- - - - -

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。