『社会福祉法人同朋会 幹部職員・現場管理者研修』
施設長(園長)、副施設長、事務長、主任、副主任を対象とした今回の研修について、ある参加者のレポートです。
 
研修テーマ
幹部職員・現場管理者研修_resume_20220224


1.学んだこと
①職員のいつもと違う態度にすばやく反応する
元気がない、挨拶しない、雑な言動がみられる等気付いた時点で、かるく声を掛ける。もしそれが業務上での悩みなら早いうちに対応することで事が大きくならないようにする。
②自分の常識、固定観念で判断しない
悩みの原因も怒りの原因もその大きさも人それぞれ、自分の尺度で判断せず、一人ひとりの悩み、怒り、心配事に寄り添いつつ、軌道修正する。
③今まで以上に自分から挨拶、声掛けをするよう心掛ける
職場の雰囲気が暗くならないようにする。明るい挨拶は仕事のスタートを切るのに必要。
 
2.職場で必要な対策とはなにか 
年代、国籍、勤務形態がバラバラの職員が協力して仕事をしていく中で、多少の愚痴、不満が出てくるのは仕方がないと思うが、愚痴や不満が大きくなる前に芽を摘む努力を続けていく。
どんな愚痴、不満にも耳を傾け、同じ目標、目的に向かう集団として提案に変えられるよう根気強く話を聞く。
 
今まさに、出来る限り無駄を省きたい若い世代からの愚痴、不満が聞かれるようになり1か月前から【提案箱】を設置した。たくさんの提案、業務の中で疑問に思うことが入られるようになった。出された提案については全職員で共有し、会議で話し合うようにした。今後は、提案によってはスピーディに対処する工夫が必要なので、申し送りノートを活用していきたい。
  
Zoomのブレイクアウトルームを使って
4~5人に分かれてのグループディスカッション
幹部職員・現場管理者研修_20220224-2
 
下段左は、平井 職員育成委員会委員長・華陽保育園園長
下段右は、講師の鷹取先生(人事コンサルタント・社会保険労務士・社会福祉士、
(一社)日本アンガーマネジメント協会認定アンガーマネジメントコンサルタント
 
関連blog 階層別研修「幹部職員・現場管理者研修」~ハラスメント・虐待防止にアンガーマネジメントを活用

- - - - -

お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。