例年開催している階層別研修の一つ
『社会福祉法人 同朋会 初任者研修』のご報告(第2報)をいたします。
 
13:15~ 講義2&グループディスカッション
        「福祉サービス従事者としての資質と心構え~接遇・基本姿勢を中心に」
 1.講義
  撮影した動画、自分のあいさつ「おはようございます」を観て、感じる
 2.3グループに分かれてディスカッション、ロールプレイ(演習)
  ①「入職してから現場で実践している自分の接遇を振り返ってみる」
  ②「自分なりに一歩進める接遇の実践、さて何をする?」
 3.各グループからの発表~全体まとめ
 
- - - - -
「3.各グループからの発表」で
グループ・ディスカッションの結果発表と、ロールプレイ(各グループ1例)を実際に演じてもらいました。
以下、各グループのロールプレイでの取り組み内容について報告します。
 
  • 利用者さんから「〇〇をしたいので手伝って欲しい」という要望に対して、他のことで手が離せない職員からの「少しお待ちください」の伝え方の工夫
group1
 
  • おなかの調子がよくない2歳児がこども園に登園。先生にわかってもらおうと一所懸命伝えようとする父親に対する保育教諭の対応の仕方
group2
 
  • 朝の挨拶から話を聞いて欲しくていろいろなことを立て続けにしゃべり続ける利用者さんに対して、「また始まったか」という思いがわく場面での職員の対応姿勢
group3
 
- - - - -
一般的な講義だけではなく、現場で起きている実際の出来事を用いて話し合い、ロールプレイを通してどのように考え、対応すればよいかについて、先輩である職員育成委員会の委員や講師からのアドバイスもあり勉強になったのではないでしょうか。
初任者ですが、参加者全員が主体的に発言し、演じていたことを頼もしく思います。
 
個別の感想や研修後の課題報告については、改めて報告いたします。
 

同朋会へのお問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。

 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。