社会福祉法人 同朋会 階層別研修『ステップアップ研修〔1〕』に参加した
入職2,3年目の職員からの研修後レポートを紹介します。
 
1.研修で学んだこと
①感情をコントロール
  • 自分に余裕がなかったり、気持ちにゆとりが持てないと、利用者に対して良い対応ができないと思います。自分の状態を客観的に見れるようにしながら、楽しい明るい雰囲気作りを大切にしていきたいです。
②確認を怠らない
  • 慣れてくるとうっかりミスをしやすくなります。それが重大な事故にも繋がりやすくなると思うので、命を預かる仕事であることを忘れず業務にあたれるようにしていきます(投薬を含む)。
③わかっているつもりにならず謙虚に振り返る姿勢を忘れない
  • 慣れてきたり年数が経過すると、誰かに言われたことに腹を立てやすくなったり、偉そうな態度に出てしまうことが多くなりがちですので、謙虚な気持ちを忘れないようにします。
2.次のステップへの努力目標
  • 話しやすい明るい雰囲気づくりをしていく。鷹取先生のお話の中で全ては挨拶から始まるという言葉がありました。挨拶といっても顔を見ずに何かをやりながら声だけかけるのは挨拶ではないと指導されましたので、挨拶をするときは、相手の顔を見てするようにしていきます。“常に”を意識していきます。
 
Zoomのブレイクアウトルームを使い、4~5人ずつに分かれて、参加者同士で悩みを共有しながら、今やれること・やることをディスカッションし、学びを深めました。
stepup-1-2-1_

下段右:職員育成委員会 平井委員長(かようこども園 園長)
下段中:職員育成委員会 岡本委員(ワークス伊自良 施設長)
 
引き続き他の研修参加者のレポートについても紹介いたします。