社会福祉法人同朋会に入職された初任者を対象に研修を実施しました。
参加者は21名(インドネシアのEPA介護福祉士候補者3名含む)
 
【プログラム】
1.開会挨拶 職員育成委員会 委員長 井上祐子(椿野苑 施設長)
2.自己紹介 参加初任者全員
3.理事長講話 同朋会の誕生と歴史 同朋会 理事長 井上 悟
4.講  義  Ⅰ 法人諸規定について 職員育成委員会 委員 林 信宏(伊自良苑 施設長)
5.講  義  Ⅱ 福祉サービス従事者としての資質と心構え~接遇・基本姿勢を中心に~ 
        人事マネジメント研究所 進創アシスト 代表 鷹取敏昭

-----------------------------------------------------------
<各プログラムに対する参加者レポートと写真>
3.理事長 講話 
利用者さんに「どうしてわかってもらえないのか」という考え方ではなくて、「どうしたらわかってもらえるのか」という考え方にするということを大切にしたいです。考え方を少し変えるだけで、怒った感情から変えることができると思うので、利用者さんに寄り添うことを心がけていきたいです。
初任者研修_理事長講話1
初任者研修_理事長講話2

4.講  義  Ⅰ 法人諸規定について
同朋会として守るべきことが多岐にわたって記載されていました。これらの規程を守り、かつ、施設職員として自覚と誇りをもって日々の業務に取り組みます。
初任者研修_諸規定について


5.講  義  Ⅱ 福祉サービス従事者としての資質と心構え
・いつまでも学生気分、研修気分でいるのではなく、一社会人として命を預かる現場の者として、あるべき姿でいなければならない。責任が重くなる分、仕事も難しくはなるが、"社会人"にとってあたり前のことだと思う。
・利用者の方に対して、少しずつ慣れてきて、又、仲良くしていただくにつれて気づかないうちに言葉づかいであったり態度に配慮が欠けてきたりしがちになってきます。プロとしての自覚や安心・安全に心がける気持ちを忘れてはいけないと思いました。
・職場では、あいさつに始まり、あいさつで終わります。ただ言葉を発するだけではなく、相手に対して気持ちを伝え、相手の様子も汲み取る気持ちを持って行なっていきたい。
・(自分が)ミスをした時の対応を考えたとき、謝るだけではなく、その中で謝り方・説明の仕方や内容・今後の対応まできちんと順序立てて考えることも必要だと思いました。
 
■ 講義Ⅱ:冒頭~アイスブレイクでリラックス、笑顔に!
初任者研修-講義Ⅱアイスブレイク

■ 講義Ⅱ:グループディスカッション~講師とも意見交換
初任者研修-講義Ⅱグループディスカッション

■ 講義Ⅱ:グループディスカッション
初任者研修_グループディスカッション2

■ 講義Ⅱ:グループディスカッション後の発表とロールプレイ
初任者研修-講義Ⅱロールプレイング

■ 講義Ⅱ:EPAでインドネシアから来た職員(左)も積極的にロールプレイにチャレンジ
初任者研修_ロープレ
 
「講  義  Ⅱ 福祉サービス従事者としての資質と心構え」講師は、人事コンサルタント・社会保険労務士・社会福祉士の鷹取先生。
鷹取先生は、岐阜県の事業「介護人材階層別育成セミナー」メイン講師を担当しておられる、とても頼りになる方で、今回の初任者にも寄り添って講義をしてくれますので、研修後の参加者レポートでも好評です。
 
-----------------------------------------------------------
教育が手厚い、一つひとつ丁寧に教えてくれ学べます。
学ぶ仲間・話し合える仲間がたくさんいますよ。
先輩も親身になって指導してくれます。


社会福祉法人同朋会で働いてみたい、

仲間になりたい、
見学してみたい、
話を聞いたり質問してみたいと思ったら、
お気軽に次までご連絡ください。

待ってます (^^)/
 
社会福祉法人同朋会  ←左をクリックすると法人ホームページに移動します。

・高齢施設(特別養護老人ホーム・養護老人ホーム)
 saiyou_kourei@douhoukai.com

・障害施設(自閉症施設、高齢障害者施設)
 saiyou_syougai@douhoukai.com

・保育施設(保育園)
 saiyou_hoiku@douhoukai.com
次のお問い合わせフォームからでも結構ですよ。
お問い合わせフォーム ←左の文字をクリックしてください。